最先端の技術や情報は英語から!英語を使ってWeb業界の道へ

英語を使った職業は様々ありますが、今回は、実際に英語を使って業務を行われている方(20代女性・IT・通信系)にインタビューさせていただきました。これから英語に触れながらできる仕事を検討しているという方はぜひご参考下さい。

職種名と仕事内容を具体的に教えて下さい

職種名はWebエンジニアで、仕事内容はホームページ制作(ワイファーフレーム、デザイン、コーディング、公開、運用)、Webアプリの作成(仕様、DB構築など)、タスクの自動化、スクレイピング、簡単なプログラムを書いたりしています。

また、いろんなデータの解析、スプレッドシート作成、マクロやテンプレの作成、データリサーチなどを行っています。できない分野もありますが、Web関連のできることはすべて承っております。

英語を使う仕事を選んだ経緯は?

Web業界はすごく国際的な業界なので、必然的に英語を使うことも多くなりますし、最先端の技術や情報を得るには英語は不可欠です。

プログラミングも基本英語を使いますし、いろんな技術の情報も英語の方が多くあります。わからないことがあれば英語で調べたほうが断然有利な世界です。

英語を使う仕事を選んだというよりかは、先にウェブという仕事を選んで、たまたま英語をつかう仕事だったといったほうが正しいかと思います。

英語学習に費やした期間や学習頻度は?

中学校・高等学校から勉強をして、学校でだけではなく、普段から使うようにしたので、学習時間は詳しくは言えませんが、勉強というよりも遊びで勉強した感じに近いです。

仕事では英語をよく使いますが、特にTOIECが必要だったとか、英語は必要だというルールなどありませんでしたが、一応TOEICは英語力を維持するために定期的に受けるようにしています。

どのような英語学習を強化したか教えてください

言語学習には基本、読む・書く・聞く・話すというのがあると思いますが、どれもちゃんとできるようにバランスよく勉強するように心がけていました。

仕事で必要な英語は基本仕事をして入ればでてくるので特別何かの教科書や参考書を見たのではなく、インターネットを使って調べたりしたほうが効率が良いです。また、ネイティブの人とコミュニケーションが取れるスマホアプリをスキマ時間に使用したり英語のYoutubeを見たりして強化しました。

英語を使う仕事で良かったと思うことは?

英語を使う仕事で良かったと思ったことは、思考が偏らないで常に新しい情報が入ってくるようになりましたし、たくさんに人ともコミュニケーションができるのがすごく良いなと思いました。

また日本人とだけではなく、いろんな人と話す機会があっていいなと思いました。一つの言語ではなくいろんな言語を話すことで自分もどんどん成長できている気がしますし、言語を通して他の文化も知れるので人間としてもたくさん成長してきています。

英語を使う仕事を考えている方にアドバイス

今は英語ができなくてもちゃんと必要性があれば勉強も楽しくなってきますし、世界が広がりますのでぜひやってみてください。英語は完璧である必要が全くなく、コミュニケーションが取れるためのツールなので基本は伝われば良いです。

伝わることが多くなってくると、もっと精度を高めていけば微妙なニュアンスもわかってきますので、仕事だけではなくいろんな場面の英語が楽しめるようになるのでぜひ一度お試しください。

最後に

英会話の勉強をされている方の中には英語を使った仕事に就きたい、または仕事で英語が必要だと感じている方も多いかと思います。スキマ時間を有効活用してスマホで少しずつ勉強することも大切です。

TOEIC経験者がオススメする英語アプリ『スタディサプリ』内容や学習効果など口コミは?

2021年8月4日

スコアアップはもちろん大切ですが、実際の英会話シーンで活用できる英語力が重要です。英会話のアプトプットとして当スクールはマンツーマンレッスンを良心価格で行なっております。

英会話カフェ in 神戸

60分 2500円〜!神戸駅近のマンツーマン英会話教室!良心価格だから続けやすい!オンラインレッスンも可能

2020年2月5日

お気軽にお問い合わせください
英語学習をトータルサポート

60分マンツーマン英会話レッスン2,500円〜、講師はTOEIC970、日本語検定1級取得の外国人講師。オンラインレッスンも可能。