神戸元町のビジネス英会話スクール | 仕事・ビジネスで英語を使う方におすすめのマンツーマンレッスン

Advertisement

国際化が進んできた近年、ミーティングやメールなどで海外の人と英語でやりとりすることも多くなってきて社会人に求められる英会話力もグングン上がってきました。でも学生のときに留学を経験してきた人にとっては「ビジネス英会話と日常英会話の違いって・・・?」となってしまいますよね。

そこで今回はビジネス英会話と日常英会話の違いと具体的なビジネス英会話を例文を交えてご紹介します。さらに、そもそも英語を学びなおさなくちゃいけない・・・といった方にもオススメの勉強方法と、最後に当スクールの特徴をご紹介します。

ビジネス英会話と日常英会話の違い

ビジネス英語と日常英語でどのような違いがあるのでしょうか?「いや、でも意味がわかればビジネスでも使えるのでは?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

もちろん、意味が通じれば良いかもしれませんが、日本語と同じように、家族や友人に使っている日常的な会話を、そのまま職場や取引先で使えるでしょうか?フランクな職場ではそのようなこともあるかもしれませんが、多くの人が日常の会話とビジネスで使う会話を分けるように、

ビジネス英会話と日常英会話には以下のような重要な違いがあります。

求められるレベルの違い

日常英会話では中学などで学んだ基礎文法をある程度把握しておけば相手と会話できるまでになりますが、ビジネス英語ではそれらに加えて新しい独特のフレーズや特徴的な言い回しなどが求められます。つまり、レベルを「会話」から「ビジネス」に上げなければいけません。

異なる用語の使用

ビジネス英語と呼ばれるようにビジネスで使用する英語は一般的な英語とは違った表現や用語を多く使います。ビジネスにおいて製品やサービスなど特定分野に焦点を当てて、関連するフレーズや文言を使わなければいけないからです。「異なる専門的な用語を頻繁に使う」点が日常英語とは異なります。

目的の違い

ビジネス英会話ではそれぞれが自分の仕事に関連する内容を広範囲かつ具体的に話し合います。そのために必要となってくる言い回しやアクセント、最低限度のフレーズなどを覚えておく必要があります。

日常英会話では「コミュニケーション」が目的であり、相手との会話を成り立たせることが目的となっており、「会話内容で優位に自分のビジネスを進めていく」ことが目的であるビジネス英会話とは目的が大きく異なります。

挨拶や電話対応に使える!ビジネス英会話例

それではここから具体的なビジネス英会話の例を見ていきましょう。今回ご紹介するのは『挨拶』『自己紹介』『電話対応』のそれぞれのシーンを想定しました。

ビジネス英会話の『挨拶』

ビジネス英語での挨拶で社外の人や顧客と接点を持つときは簡単な挨拶で話を切り出すのが一般的です。日本語でもいきなり本題を切り出すのはあまり見かけないですよね?

  • How are you?
  • How are you doing?
  • How’s it going?
  • How’s everything?
  • How’s business?

How are you?はかしこまった言い方なので初めての人には無難なフレーズとなります。他のフレーズは面識のある人などと話す際によく使われるフレーズです。

ビジネス英会話の『自己紹介』

自己紹介の目的は「相手との接点や共通点を見つけ出すこと」です。これは日本語でも無意識にやっている人が多いと思います。

  • 名前
  • 会社情報(部署や職種)
  • 出身地
  • 年齢

などなどを起点にして話を徐々に本題に持っていきます。以下挨拶から自己紹介までのビジネス英会話での例文です。

  • Hello. I’m pleased to meet you. My name is 〇〇.
  • Nice to meet you too. I’m △△.
  • I work in the sales department at ABC company.
  • Oh really? That place is closed to my hometown.

ビジネス英会話の『電話対応』

日本の電話対応で必ず使うフレーズが「お世話になっております」ですよね。電話やメール、実際の会話でもたまに使います。英語では直訳は非常に難しいです。ビジネス英語では、

  • Thank you for calling ** Company Inc.
  • Thank you for your support.
  • Thank you for your interest.(サービスや製品)
  • Thank you for your assisstance.(何か協力してくれた人に対して)

などなどのフレーズがよく用いられます。他にもongoingやcontinuedを付ければ「いつもお世話になります」の意味になります。「どちら様でしょうか?」「〇〇はただ今席を外しております。」など使えるフレーズを以下にまとめました。

  • Hi. Is 〇〇 available?(こんにちは。〇〇さんはいらっしゃいますか?)
  • May I ask who’s calling?(どちら様でしょうか?)
  • I’ll transfer your call to △△.(△△さんにおつなぎします。)
  • He/she is not at his/her desk right now.(彼(女)は現在席を外しております。)

ビジネス英会話の勉強法

最後にビジネス英会話の勉強法をそれぞれのセクションごとにご紹介します。ここで意識していただきたいのが、リスニングはインプット、スピーキング・ライティングはアウトプットです。これらの特性を理解しておくと効率的な勉強方法ができます。

ビジネス英会話を勉強する方法としてフレーズ暗記と実践の二つを意識しましょう。(※一般英語がある程度習得できているという前提です。)『電話対応』などであげたビジネス英語特有のフレーズを覚えるために書籍・Webサイト・学習アプリなどを購入してそれぞれ暗記していきましょう。

その後、ビジネスで実際英語を使う方は実践的に、まだそのような環境がない方は、英会話スクールなどで、とにかくたくさん話してスピーキングを強化しましょう。声に出して発音することや、文章にとにかく慣れていくことが重要です。

ビジネス英会話のスピーキングの勉強法

スピーキングは日本人が最も苦手とする分野です。なんせそもそも文法を頭の中でSOV(主語→目的語→動詞)からSVO(主語→動詞→目的語)に変えなければいけないからです。

あと発音です。「r」や「l」、「b」や「v」の違いなど日本語にない独特の発音がありますよね。これらをしっかりと意識してスラスラと話すレベルになるには「実践による慣れ」が必要不可欠です。

スピーキング勉強の手順として、まず『リスニング勉強法』を繰り返して英語の文章の音に慣れましょう。相手の言ってることが聞き取れるようになったら、実際に外国人と話せる機会を増やしていきましょう。

神戸で外国人の友達を作って交流したい!外国人と出会える場所まとめ!

2016.10.31

短時間でも出来るだけ頻繁に話す機会を増やすように心がけましょう。「ケーススタディ」として相手のメンターの人にロールプレイとして実際のビジネスシーンを想定して会話してもらうとより良いでしょう。

リスニングの勉強法

会話を成り立たせるには相手の話を聞き取ることが何より重要です。相手の言ってることがわからなければ自分の頭で考えて応答することもできません。ですのでリスニング勉強を最初に始めましょう。

リスニングの勉強でオススメの勉強法は『シャドーイング』です。

シャドーイングとは聞いた英語を、文法やアクセントを意識しながらそのまま声に出して復唱する方法です。ネイティブが話す英語のリズム感やスピード感に慣れてきて、熟語や文章を「聞いたことがあるフレーズ」として実際の相手の発言にも即座に反応できるようになります。

ライティングの勉強法

ライティングの勉強法としてTOEFLやIELTSのライティング問題をオススメします。なぜならそれらの問題では解答者の「論理性」を重視します。例えば、

People attend school for many different reasons (for example, expanded knowledge, societal awareness, and enhanced interpersonal relationships). Why do you think people decide to go to school? Use specific reasons and examples to support your answer.

などの問題に対しておおよそ500〜800文字で回答していきます。ここで論理性を高めるために学校に行く・行かない立場の両方の意見のメリット・デメリットを考えましょう。

それらを網羅的に書き出し、なぜそう言えるのか理由を述べることを目標にすれば論理性を鍛える大変良いトレーニングになります。『アウトプット』が一番の『インプット』の練習でもあります。自分で使えるフレーズを増やしていきましょう。

実際のビジネスでも「論理性」を重視します。会議などで相手のサプライヤーとの駆け引きにおいて自社が優位に立てるように論理立てて会話できることがビジネス英会話の一つの目的になります。

神戸でビジネス英会話スクールをお探しの方へ

当スクールでも、ビジネス英会話を受講されている方も多くおられます。海外出張で英語が必要な方、将来は海外で働きたい方、部署異動で英語が必要になった方、外国人観光客や外国人移住者が増えて外国人に英語で対応しなければいけない機会が増えた、など目的は様々です。

ビジネス英会話でも初級者の方から上級者の方まで幅広く対応しております。英語による電話対応やメール、プレゼンテーション、ディスカッション、外資系企業や海外でプレゼンテーション・ピッチなど、経歴豊富な講師によるマンツーマンレッスンを行なっております。

神戸でビジネス英会話スクールを見つける時のポイント

残念ながら、英会話スクールの中には留学中の学生講師や、ワーキングホリデーで来日しているビジネス経験のない外国人講師もいます。日常英会話とビジネス英会話には違いがあり、ビジネス英会話はよりフォーマルな表現を求められます。

その際に、日常英会話とビジネス英会話では単語や表現を使い分ける必要があります。また、日常会話ではよく短縮された表現を用いますが、これもビジネスの場ではNGです。

ビジネス経験がある・日本語ができる外国人講師

上記でもご説明させていただいた通り、日常英会話とビジネス英会話には違いがあります。そのことを理解している、ビジネス経歴のある外国人講師からレッスンを受けることが必要になります。

また、ビジネス英語の初級者レベルの方においては、わからない部分は日本語で確認することができる外国人講師からレッスンを受けられることをおすすめ致します。日本語ができない外国人講師に英会話を習われていた生徒様の中には、わからない部分を日本語で確認できず、わからないままで終わらせてしまったという方が多くおられます。

全てを英語で理解できないという方は日本語ができるビジネス経験のある外国人講師からレッスンを受けられることをおすすめ致します。当スクールでは、外資系企業の経験、日系企業にてビジネス経験がある日本語ができる外国人講師がレッスンを行なっております。ビジネスの場でも対応できるビジネス英会話のレッスンを受けていただくことができます。

ビジネス英会話だけではなくライティングも重視しているかどうか

ビジネスの場面では、英会話だけではなくメールや文書など英語を理解する、また英語のライティングスキルも求められます。ビジネス英会話だけではなく、きちんと英語によるライティングスキルを伸ばせられるかどうかも英会話スクールを選ぶ上で重視しましょう。

当スクールでは、ビジネス英会話はもちろんですが、リーディングやライティングスキルも重視しております。特に、次回予約をされた方には、英語の日記添削も行なっておりご好評いただいております。日記ではなく、英語のレジュメを添削してほしいという方には、ご希望に沿った内容で添削させていただいております。

外資系企業の面接対策

神戸には、「P&G(プロクター&ギャンブル)」、「ネスレ」、「イーライリリー」、「アルストム」、「エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン」など世界トップクラスの外資系企業が多くあります。神戸在住の学生の方の中には、このような外資系企業に就職したい、または転職したいという方もおられるでしょう。

当スクールの講師も、外資系企業での経歴を持っております。将来は外資系企業に就職したい、転職したいという方の為に面接対策も行なっております。英語面接に自信のない学生の方、また外資系企業の面接の予定のある転職活動中の者の方にもおすすめです。

マンツーマン英会話体験レッスン時間と費用

体験レッスンの時間・費用は以下の通りになります。まずはメールにてご予約いただけたらと思います。入会金、年会費、退会金などは一切ございません。またしつこい勧誘等は一切おこなっておりませんので、気軽にご参加いただければと思います。

  • 日時: 13:30〜 (要予約)
  • 体験料金:1,000円 (税込) / 60分
  • 2回目からのレッスン料金:3,000円 (税込) / 60分
  • 支払い方法:当日お支払い下さい。
  • 開催場所:弊社のオフィスでレッスンを行います。

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンのことならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。