“go Dutch”ってどんな意味?例文や使い方、同意語や類義語について

“go Dutch”はどういう意味でしょうか? “go Dutch”の意味や、例文や使い方、同意語や類義語についてご紹介します。

“go Dutch”の例文や使い方について

直訳すると「オランダ流で行こう」というものになりますが、「割り勘で行く、割り勘する」という意味になります。特に食事・飲み会のような時に使えます。

但し、偏見や軽蔑のような意味合いもあるので注意が必要です。”go Dutch”で覚えているという方は、

”Let’s split the bill.”“Let’s go fifty-fifty”(2人の場合)を使うように心掛けましょう。

  • Let’s go Dutch today. (今日は割り勘にしよう。)
  • Do you go Dutch when you go out on dates?(デートの時、割り勘にする?)

“go Dutch”の同意語や類義語について

“go Dutch”の同意語や類義語には以下のような単語や熟語があります。知らない単語や熟語は併せて覚えてみましょう。

  • split the bill
  • split the check
  • separate bill
  • pay half
  • go fifty-fifty”(2人の場合)
  • chip in(カンパする、お金を出し合う)
  • pay one’s own expenses(自分の分を支払う)

以上、ワンポイント英会話でした。Instagramでも随時更新しておりますので、フォロー&いいねよろしくお願い致します!

お気軽にお問い合わせください
英語学習をトータルサポート

60分マンツーマン英会話レッスン2,500円〜、講師はTOEIC970、日本語検定1級取得の外国人講師。オンラインレッスンも可能。