フィリピン留学の治安や注意点などよくある質問まとめ!

Advertisement

フィリピン留学 & ロングステイに関して、説明会・セミナー参加者、留学生様からよくあるご質問をまとめました。良い面だけではなく、フィリピン留学をするとイメージしてい たものと異なることがあるのも事実です。

すべてを理解した上で、フィリピン留学をしていただくと、より良い滞在生活が送ることができます。 Q&A以外でも、出発前に気になることがあれば、お気軽にご質問ください。

目次

フィリピン留学について

まずはフィリピン留学についての質問です。なぜフィリピンで英語留学なのか、またフィリピン人の英語やなぜ学費が安いのかについてお答え致します。

なぜフィリピンで英語留学できる?フィリピンって英語の国?

フィリピンが昔アメリカの植民地であった時代に、アメリカ人がフィリピンに英語を伝えたのが始まりです。以来、経済力の強くないフィリピンでは政策の一環 で英語を公用語とし、幼稚園から大学まで授業を英語で行っています。アメリカとイギリスに次いで英語人口は世界第3位です。

フィリピンでは、英語を公用語 として教育や日常の中で使用しています。また、TV、印刷出版、ビジネスなどの場面で使用されています。

フィリピン英語って訛りがありませんか?

アジアではフィリピン人が最も綺麗な英語を話すと言われています。現地の人の中にはフィリピン訛りを持つ人もいますが、学校の教師は全員高いレベルでの英 語教育を受けています。

ネイティブ並みの発音の教師や日本人には訛りが分からないレベルの教師も少なくありません。また、日本人はどこで英語を勉強しよう と、日本人訛りの英語になります。

なぜフィリピンの学費は安いのか?

フィリピンの給与水準は日本の約10分の1、物価は約5分の1と言われています。人件費と学校の建物にかかる費用が安いため、質の高い講師を選び現地水準以上の給料を与えても、それでもなお欧米圏の留学と比べ圧倒的な格安で留学を提供する事が可能となっています。

なぜ短期で英語習得できるのか?

講師の人件費の高い欧米圏留学では、授業は必ずグループ形式で行われ、1日の授業数は平均4-5時間というところが多いようです。しかしフィリピンでの留学の場合、講師と生徒が1:1のマンツーマンレッスンが授業の半分前後になっています。

また、1日の授業時間数が違います。欧米留学の1日平均5コマの授 業に対して、フィリピンでは1日8コマ前後です。初心者の方ほど、上達度合いは「スピーキング量」に比例すると言われており、スピーキング量を増やすのに マンツーマンレッスンが最適です。マンツーマン形式&授業数の多さが短期習得を可能にします。

留学のための査証(ビザ)は入りますか?

フィリピンには日本国籍の方は30日間までビザは不要で滞在できます。 予め31日間以上滞在することが決定している場合も、現地到着後学校スタッフがビザ手続きを代行してくれますので入国前にビザの取得は留学期間に関係なく 一切必要ありません。

また入国の際の入国カードの渡航目的は観光にチェックを入れてください。

SSPとは何ですか?

SSP(Special Study Permit)とは、外国人がフィリピン国内で合法的に勉強目的の滞在をする為に必要な許可証で、フィリピン政府が発行します。通常留学といえば学生ビザですが、SSPはその簡略版と考えて下さい。

フィリピンでの短期留学においては必ずSSPが必要となり、これを取らずに摘発されると、罰金と入国拒否の重 い処分が科されます、弊社がご紹介しているフィリピンの語学学校は、フィリピン政府から正式にこのSSPの発行認可を受けた語学学校です。

フィリピン留学の治安について

フィリピン留学を検討されている学生の親御様や、または女性の方はフィリピン留学中の治安について不安に感じられている方も多くおられます。フィリピンだけではなく海外に行かれる際はどこでも治安の対策をする必要があります。

フィリピンの治安状況は?

フィリピンの治安は日本に比べて良くありません。ただし、どこも同程度に治安が悪いわけではなく、治安が悪いエリアもあれば、治安が良いエリアもあります。

学校の経営者は治安の良いエリアに学校を作りますので、普通に留学生活を過ごしている限り、危ない目に遭うことはありません。海外に滞在している自覚を持ち、常に安全に配慮することが大切です。

フィリピン留学中の治安対策は?

大抵のことは対策をすることで、未然に防ぐことができます。例えば、危ない場所を事前に把握する、夜遅くに出歩かな い、うしろポケットに財布を入れない、多額の現金を持ち歩かない、レストランやカフェなどで高価な電子機器や財布をテーブルの上に出さないなどです。

さらに、入校時にはオリエンテーションで海外生活の心得という事で危険回避のための説明を徹底的に行いますので、安心して留学にご参加頂く事ができます。

フィリピン留学の生活面について

次はフィリピン留学での生活面についてのよくあるご質問です。フィリピンでのインターネット回線の事情や病気などの不安点が多いようです。

インターネットは使えますか?

フィリピン留学中には、学校や寮でインターネットを使うことができます。使えるパターンはいくつかあります。学校内に共同で使えるパソコンやパソコンルー ムがある場合です。寮の自室でインターネットが使える学校もあります。

また、共用のスペースで無線LANが使える学校もあります。ただ、フィリピンのイン ターネットは日本に比べるとスピードがかなり遅いです。また、途中で切れることがあります。

日本の電化製品は使えますか?フィリピンの電圧とコンセントの形は?

フィリピンの電圧は多くの場合220V、コンセントの形は日本と同じA型となります。日本の電気製品は基本的には100Vですのでフィリピンで使うには変圧器が必要となります。しかし、ほとんどのPC、デジカメ、携帯は海外仕様になっています。

アダプタ部分の電圧部分に100V-240Vと記載されていれ ばそのままで使う事ができます。携帯ゲーム機などは海外の電圧に対応していない物も多く、十分にご注意ください。フィリピンで変圧器を購入できるので現地で購入されることをお勧めします。

近くに病院はありますか?

あります。学校のスタッフにご確認下さい。ただし、現地で健康保険を持たない日本人には割高に感じるかもしれません。また、薬に関しては、フィリピンには薬局が至る所にあり簡単に手に入れる事ができます。

フィリピン留学の経験者の方は留学中に体調を崩される方が多くいます。急な病院での出費を抑えるためにも、健康に不安面のある方は必ず保険に入ることをおすすめ致します。弊社でも保険を取り扱っておりますので、お申し付けください。

フィリピンの祝日は?

日本の祝日であっても、フィリピンでは通常通り授業が行われます。逆にフィリピンの祝日の場合はほとんどの語学学校が休講となりますので、特に短期で行かれる方は、留学希望時期の祝日を事前に確認を行う必要があります。

フィリピン留学の申し込みについて

フィリピン留学のエージェントの役割、またフィリピン留学でエージェントを通さない場合と直接学校に申し込んだ場合の金額について気になる方も多いようです。

なぜ相談・手続きは無料ですか?

エージェントによっては高額なサポート料をとるエージェントもあります。ABCCフィリピン留学関西センターは各学校と正規留学代理店(エージェント)契約を結び、学校に代わって日本語で留学相談、入学手続代行、その他のサポート業務を行います。

それにより各学校から支払われるサポート費で運営を行っておリます。したがって学生さんからは手数料をいただかずに質の高いサービスを提供することができます。直接学校で申し込むのと同料金で留学ができますのでご安心ください。

入学できる時期は決まっていますか?

フィリピンの語学学校が設定する留学の期間は4週間単位が基本ですが、1週間単位の学校もあります。多くの学校は、現地への到着は土日、授業開始が月曜、最終は金曜で、土日に退寮としているところが大半です。ただし、少数ではありますが曜日に制約のない学校もあります。

いつまで申込めば間に合いますか?

遅くとも1ヶ月前にはお申込みください。特に1人部屋を希望される場合、お申込みが遅くなると満室で手配できなくなる可能性がありますので、少しでも早いほうが良いです。

また、7~9月と12~3月は学生の夏休み、冬休みの時期で、どの学校も学生数が1年で最も多くなります。この時期に留学される場合は、3ヶ月前くらいに申し込まれたほうがより安全です。

留学費用はいつどのようなお支払い方法ですか?

弊社にお支払いいただきます。入学の1ヶ月前までに弊社指定口座にお振込みください。 その後、留学先の学校へ送金いたします。なお、振込手数料はお客様負担でお願いいたします。また、御振込時に各金融機関が発行する振込証明書を領収書とさせていただきます。

入学する前にキャンセルした場合、支払った留学費用は戻りますか?

各学校の返金規定に従い払い戻しをいたします。 但し、入学金と滞在手配料は払い戻し出来ませんので十分ご注意願います。また、お振込手数料や送金手数料もご負担いただくこととなります。

飛行機のチケットや海外旅行保険の手配はしてくれますか?

はい。弊社では留学エージェントでは珍しく、旅行会社と提携しており、飛行機のチケットや海外旅行保険の手配もさせていただいております。

フィリピン留学出発までの準備について

フィリピン留学が決定した後は、留学中の持ち物などの準備をしなければいけません。また海外旅行保険や、

どんなものを持って行けばいいですか?

パスポート、往復航空チケット、電子辞書などの他に、文法書や小さなカバンなども持っていったほうが良いです。持ち物については、ブログでもご紹介いたしますのでご参考にしてください。

お小遣いはどのぐらい持って行けばいいですか?

お小遣いは個人差が大きいので一概には言えませんが、フィリピンは物価が安い国ですので月3万円程度あれば問題ありません。週末旅行やアクティビティなどに参加される場合は4〜5万円程度あれば大丈夫です。

また、VISA・MASTERなどのクレジットカードや国際キャッシュカードも普及しておりますので、お持ちになると便利です。

海外旅行保険に入った方がいいですか?

クレジットカードの付帯保険を使うと保険料は無料ですが、海外旅行保険に入ることをお勧めします。場合によって、クレジットカードの保険はカバー出来ない手術などがあります。

補償内容や利用条件など、カードごとに違いがあり、必ずカード会社に内容を問い合わせ下さい。海外旅行保険は弊社でも取り扱っておりますので、お問い合わせください。

留学前の健康診断や予防接種は必要ですか?

フィリピン留学では予防接種は義務付けられていません。どうしても受けなければならないというものではありませんが、心配なので受けておきたいという場合は、かかりつけの医師などにご相談下さい。また、病気がある場合、かかりつけの医師などにご相談下さい。

最後に

フィリピン留学を検討されている方の中には、色々と不安に感じられている方が多いかもしれませんが、お申し込みされる前にできるだけ不安点を取り除いていただければと思います。何か不安点があればお気軽にお問い合わせください。

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンのことならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。