セブ周辺のおすすめダイビングスポット6選 & ダイビングショップや宿泊施設

Advertisement

フィリピンには世界的にも透明度が高くおすすめなダイビングスポットがたくさんあります。今回はセブ周辺のおすすめのダイビングスポットをご紹介します。

初心者でも体験できるダイビングショップがあるので、セブ留学中にダイビング体験をしてみたいという留学生もぜひご参考ください。また、ダイビングスポットにあるおすすめダイビングショップや宿泊施設、レストランなどもご紹介いたします。

目次

マラパスクア の Gato Island(ガトアイランド)

参照元:http://evolution.com.ph/

小さな山岩のような島で、水中には北側に抜ける3つの洞窟があり、経験あるダイバーはこの洞窟を通ることもできます。よくあるスイムスルーの洞窟ではなく、ライトを使わないといけない本格的な洞窟です。 そのためライトを消すと真っ暗になります。

参照元:https://www.marinediving.com/

洞窟は10分程度で抜けることができます。洞窟を抜けると、緩やかなスロープになり、そこには珍しい魚がいっぱいいます。ネムリブカ(ホワイトチップ・リーフシャーク)やサンゴトラザメ、イヌザメ(バンテッドバンブーシャーク)、ピグミーシーホースやニシキフウライウオ、カエルアンコウもよく見ることができます。

  • 場所:マラパスクア
  • 距離:マラパスクアビーチからは約17キロ
  • 移動距離:フィリピンのバンカボートで約45分
  • 地形:フラットで浅いスロープ、北側はドロップオフ
  • スノーケリング:スノーケリングも良好
  • レベル:オープンウオーター以上
  • 透明度:10ー25m
  • 水深:19ー20m
  • 見所:水深16mが一番おすすめ

 セブ市内からマラパスクア の Gato Island(ガトアイランド)までの行き方

North Bus Terminal からバン(150ペソ)、Ceres Bus(エアコンバス190ペソ、普通バス150ペソ)でマヤポート(Maya Port)まで約4時間

マヤポート(Maya Port)からマラパスクア島まで、バンカボートで約30分(90ペソ)。午後3時が最後のバンカボート。Mマヤポートに3時以降に着いた場合、ボートをチャーター(1000〜1500ペソ)する必要があります。荷物をバンカボートに運んでもらう時、ポーターに支払う必要があります。

マラパスクア の Gato Island(ガトアイランド)のダイビングショップ

マラパスクア の Gato Island(ガトアイランド)近辺の宿泊施設

マラパスクア の Gato Island(ガトアイランド)近辺のレストラン・食事所・バー

  • Ging Ging’s Restaurant:島で一番安いレストラン(60ペソ〜)
  • Ocean Vida Restaurant:朝食は7時〜、または、ダイビングツアーから帰って来る10時頃まで、手作りパンなどが楽しめます。アジアン料理や洋食から選ぶことができます。ハッピー アワーの4時〜6時はアルコール類のドリンクが安くなります。
  • La Isla Bonita Restaurant:ドイツ人の旦那さんとフィリピン人の奥さんが経営しているレストラン。ドイツ、タイ、イタリアンやフィリピン料理は食べれます。営業時間は朝8時〜2時、6時〜11:30までです。
  • Magellan’s Bar and Restaurant:バーベキューやシーフードは楽しめるレストラン。メイン料理は295ペソ〜。

Monad Shoal (モナショール)

参照元:https://www.sea-explorers.com/

“Sunken Island” (沈んだ島)と呼ばれる砂州(沈んだ島)のてっぺんは浅い所で12m。ドロップオフは200m深くへと続いています。

ニタリ(オナガザメ)やハンマーヘッド、マンタなどのような大物が高確率で見ることができます。真っ暗なうちにボートに乗り込み、日の出とともにダイビングをはじめます。

現在、ニタリ保護の為にストロボ、ライト、鳴り物は禁止となっています。またここでは1ダイブ50ペソの保護協力費(モナドフィー)が必要となります。

  • 場所:マラパスクア
  • 距離:マラパスクアビーチからは約9キロ
  • 移動距離:フィリピンのバンカで約25分
  • 地形:フラット、スロープの砂洲
  • スノーケリング:スノーケリングにむかない(深過ぎる)
  • レベル:オープンウオーター以上
  • 透明度:12ー25m
  • 水深:20ー25m
  • 見所:水深18〜25mが一番おすすめ

セブ市内からMonad Shoal (モナショール)への行き方

North Bus Terminal からバン(150ペソ)、Ceres Bus(エアコンバス190ペソ、普通バス150ペソ)でマヤポート(Maya Port)まで約4時間

マヤポート(Maya Port)からマラパスクア島まで、バンカボートで約30分(90ペソ)。午後3時が最後のバンカボート。マヤポートに3時以降に着いた場合、ボートをチャーター(1000〜1500ペソ)する必要があります。荷物をバンカボートに運んでもらう時、ポーターに支払う必要があります。

Hilutungan Island(ヒリトゥガンアイランド)

参照元:http://www.islandhoppingcebu.com/

ヒルトゥガン島はマクタンの南東に位置する小さな無人島です。サンゴが多く、透明度も高いため初心者に大人気のスポットとなっております。また、魚は1m級のハマダツや巨大なアヤコショウダイ、マダラトビエイなど、比較的大きな魚たちと泳げるのも楽しいポイントとなっております。GT(ロウニンアジ)の群れやツバメウオがここの目玉です!

  • 場所:コルドバ、マクタン島
  • 地形:フラットで浅いスロープ、北側はドロップオフ
  • スノーケリング:スノーケリング良し
  • レベル:オープンウオーター以上
  • 透明度:10ー30m
  • 水深:5ー25m
  • 見所:水深5〜15mが一番おすすめ

 セブ市内からHilutungan Island(ヒリトゥガンアイランド)への行き方

セブ市内かタクシーなどでマリバゴポート(Malibago Port)にむかい、バンカボートで約45分。

マリバゴポートまでの交通費をおさえたい時、SM CityからのMyBusやGT Express バンをLapu-lapuにむかい、Lapu-lapuからマリバゴ行きのジープニーを利用できます。

Hilutungan Island(ヒリトゥガンアイランド)島への入場料

  • スノーケリングなど100ペソ(泳がない場合も入場料は必要)
  • ダイビングする場合は300ペソ

Hilutungan Island(ヒリトゥガンアイランド)近辺のダイビングショップやツアー

Hilutungan Island(ヒリトゥガンアイランド)近辺の宿泊施設

  • Island And Sun Beach Resort:ヒルトゥガン島で宿泊する場合

Tingo Point(ティンゴポイント)

参照元:https://www.divescotty.com/

中・上級向けのディープダイブ。15〜25mまで急なスロープがあり、ドロップオフの40mの深場でニタリを高確率で狙えることが特徴です。

  • 場所:Olango Island(オランゴ島)
  • 距離:シャングリラ桟橋からは約6キロ
  • 移動距離:フィリピンのバンカボートで約16分
  • 地形:急なスロープが15kmまであり、そこから水深40mまでのドロップオフ
  • スノーケリング:スノーケリング良し
  • レベル:オープンウオーター以上
  • 透明度:12ー40m(悪い時もある)
  • 水深:10ー40m
  • 見所:水深23〜28mが一番おすすめ

 セブ市内からオランゴ島・Tingo Point(ティンゴポイント)の行き方

セブ市内かタクシーなどでヒルトンポート(Hilton Port、現在はヒルトはモーベンピックホテルになりました)にむかい、バンカボートで約25分。

セブ市内かタクシーなどでアンガシルポート(Angasil Port)にむかい、バンカボートで約25分。

Tingo Point(ティンゴポイント)近辺のダイビングショップやツアー(マクタン島)

オランゴ島 Tingo Point(ティンゴポイント)近辺の宿泊施設

マクタン島からのツアーなどは行けますが、オランゴ島に宿泊するという選択肢もあります。

オランゴ島のレストラン・食事所・バー:

Pescador Island(ペスカドールアイランド)

参照元:http://www.savedra.com/

モアルボアル(Moalboal)からボートで20分の小さな無人島、ペスカドール島(Pescador Island)。ダイビングで有名なモアルボアルの中でも一番と言われるぐらいに有名なダイビングスポットです。ダイバーたちのマリンリゾート地として発展してきています。

島の周りでは何万匹のイワシの大群や美しい珊瑚の群生で有名です。船を乗ってシュノーケルも楽しめます。

参照元:https://image.vigattin.com/(Darren Abcedeの写真)

マクタン島から車で約3時間。ダイナミックな地形からマクロまで楽しめる今話題のスポットです!ボートで15分のペスカドール島は、地形と魚影の濃い海が楽しめ、近場エリアに広がるダイナミックなイワシ雲は大迫力!!のんびりと泳ぐカメにも高確率で出会えますよ。

モアルボアルは田舎街なのでその雰囲気にハマるお客様も多く、リピーター続出中の必見ポイントです!

  • 場所:Bas Diot
  • 距離:Panagsama Beach から4km
  • 移動距離:バンカボートで約11分
  • 地形:北と西側はドロップオフで、南側は急なスロープ
  • スノーケリング:天気が良ければスノーケリング良し
  • レベル:オープンウオーター以上、天候の悪い時アドバンスオープンウオーター以上
  • 透明度:10ー30m
  • 水深:2ー65m
  • 見所:水深7〜20mが一番おすすめ

セブ市内からPescador Island(ペスカドールアイランド)への行き方

South Bus Terminal からモアルボアルの市役所までCeres Bus(エアコンバス120〜130ペソ、のターミナル料5ペソ)のBadian又はBarili経由、バンはOne Citylinkターミナルから乗れます。

モアルボアルのバス停から宿泊施設の多いWhite Beach又Panagsama Beachまで、トライシクルで80〜100ペソ、habal-habal(ハバルハバル)というバイクだと約50ペソ。

Pescador Island(ペスカドールアイランド)近辺のダイビングショップ

Pescador Island(ペスカドールアイランド)近辺の宿泊施設

Panagsama Beachのホテル・宿泊施設

White Beach のホテル・宿泊施設

Pescador Island(ペスカドールアイランド)近辺のレストラン・食事所・バー

  • Ven’s Kitchen
  • The Pleasure Principle Resto Bar:とても清潔で落ち着いた雰囲気の多国籍料理レストラン。シーフードの他、ピザやパスタなど様々な料理が味わえます。イングランド出身のオーナーが提供する料理はどれも絶品です。
  • Chili Bar:レストランは海に突き出た造りになっていて、テラス席でボーっと海や夕日を眺めるのもいいものです。
  • Cafe Cebuano:洒落なカフェ・レストラン。海の目の前で最高のロケーションです。料理はシーフードやサラダ、ピザ、パスタなど。ビールはもちろん、コーヒーやシェイクなどドリンクも豊富内装がキレイのため、値段も少々お高めになっています。料理は旅行者を意識したサラダ、ピザ、パスタなどのカフェ的メニューが揃っています。
  • Lantaw Restaurant:2階から海が見渡せるお店。フィリピン料理の他タイ、インドネシア、インド、中華や簡単な和食が食べれるレストランです。
  • Last Filling Station:広めのオープンレストラン、入口から海は見えないですが、奥の方へ行けば海が見えます。
  • Arista Seafood Restaurant:海に面していて、まず眺めが素晴らしい!座っているだけで癒されます。お得なセットメニューもあります。

Sumilon Island(スミロンアイランド)

参照元:http://www.asiatravel.com/

スミロン島(Sumilon Island)は、ジンベエザメツアーで有名なオスロブ(Oslob)から、バンカボートで約30分の距離。島の周りの海が美しく、ダイビングスポットとして世界的に知られています。 Sumilonには、4つの主要なダイビングサイトがあり、Garden Eel Plaza、Nikki’s Wall、Coral Landscape、Julie’s Rockがあり、地形が面白いです。小さな穴、ケーブ、見事なサンゴ礁、マンタやジンベエザメを見ることもあるので、理想的なダイビングを楽しめます。

参照元:https://chasingpotatoes.com/

スミロンはフィリピンの最初の海洋保護地域であり、近くのネグロスオリエンタル州のドゥマゲテ市のSiliman University Marine Reserveの指導の下、1974年に海洋保護区として創設されました。

島の中には唯一のホテル、ブルーウォーター・スミロン・アイランド・リゾート(Bluewater Sumilon Island Resort)がありますので、事前予約で宿泊しても良いと思います。

  • 場所:オスロブ・サンタンダーの間
  • 距離:1マリンビレッジから10km
  • 移動距離:バンカボートで約25分
  • 地形:ウォール
  • スノーケリング:スノーケリングに最適
  • レベル:オープンウオーター以上
  • 透明度:10ー25m
  • 水深:9ー40m
  • 見所:水深8〜18mが一番おすすめ

セブ市内からSumilon Island(スミロンアイランド)への行き方

South Bus Terminal から「BATO Oslob」と書かれたバスに乗り、Brumini Resortまで約3時間。Brumini Resortでボートをチャーター(1500ペソ)。Bluewater Sumilon Island Resortでもパッケージツアーがあります。

Sumilon Island(スミロンアイランド)の宿泊施設

最後に

フィリピンのダイビングスポットのバリエーションはたくさんあり、透明度が良く、通年に渡って穏やかで水温も高いことから、初心者から上級者ダイバーまで楽しむことができます。

今回は、セブ周辺のスポットの紹介ですが、その他にもたくさんあります。興味のある方、時間に余裕のある方は、ぜひセブ留学中にダイビングに挑戦してみて下さい!

Advertisement

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンのことならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。