デラサール大学 | フィリピンの名門大学が運営するESLセンター

2019年より、デラサール大学のCeLLコースは、大学などの教育機関や企業の研修対象者のみの入学となり、個人様の短期留学は受付不可となりました。現在、お問い合わせ中の方、今後検討されている方には大変申し訳ございませんが、ご了承お願い致します。

De La Salle University デラサール大学が運営するESLセンターのCeLL (Center for Language and Lifelong Learning)をご紹介させていただきます。CeLLは、通常のフィリピン留学とは異なり、デラサール大学のESLセンターになり、寮や食事サービスがありません。

お問い合わせが増えている理由として、フィリピンの最高峰であるデラサール私立大学が運営しているESLセンターということ、このCeLLで学んだあとに、デラサール大学に本格的に入学する留学生もいることもあり人気があります。

De La Salle University デラサール大学とは?

参考元:www.dlsu.edu.ph

フィリピン最高峰の伝統ある名門私立大学

De La Salle University デラサール大学は1911年に創立されたフィリピンの中にある大学でもトップクラスの私立大学になります。フィリピンの大学ランキングでも常に毎年上位3位内にランクインするほどの伝統あるフィリピン最高峰の名門校になります。

デラサール大学は、日本では大阪大学、早稲田大学、上智大学、北海道大学、同志社大学などの大学との交換留学パートナーシップもあり、言語・文化、経営学、国際ビジネス、工学のコースを学びに留学する学生も多くいます。

フィリピンの大学では全ての授業が英語で行われます。デラサール大学は、フィリピンの中では経済的に豊かな学生が通っている傾向にあり、グローバルな教育を受けさせるために、あえて英語しか話さない環境で育っている学生もいるほどです。

国際的な視野とプログラムの評価が高い

学部生は約13,200人、そして 大学院は約3,300人ほどです。キャンパスはマニラ市にあり8つの学部と大学院があり、大学施設も綺麗で、良い環境で勉学に励むことができます。

国際的な視野とそのプログラムは世界の教育機関のトップ500 に入るほどで、フィリピンの学生はもちろん、韓国やインドネシア、シンガポールなど、そして欧米圏のが学生も在籍しています。そして何より、最近では日本からの留学生も増えてきている状況です。

デラサール大学に留学している日本人も増えてきている

デラサール大学に留学している日本人学生は、Business、Economics、Computer Studies、Education、Engineering、Liberal Arts、Science、Lawからなる学部の中で、英語でそれらを学んでいます。国際経済、教育、最近ではエンジニアを学ぶ学生も増えつつあります。

CeLL(ESLコース)について

参考元:www.dlsu.edu.ph

英語コミュニケーション能力の向上

リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの4つの英語コミュニケーションスキル能力を総合的に向上させるプログラムを提供しています。

専門分野の教師が担当

大学が提供しているESLという強みを活かしており、英語プログラムは各分野の専門家が担当しています。教師は日頃からセミナーや勉強会などの研修、教育を受けているエキスパートです。

コース別のプログラムによりレベル選択が可能

  • クラスは Regular Class (4~15名)、Special Class (2~3名)、Tutorial Class (マンツーマン)から選ぶことが出来ます。
  • Special Class とTutorial Classは夜や土曜日に受けることが出来ます
  • 各クラスは2時間、週5回(月曜日~金曜日)、3週間単位で行っています。
  • クラスの開始日及び登録手続き期間が決まっています。登録手続き期間を見逃した場合、Special Class とTutorial Classのみ受講可能。
  • 各クラスは2時間、週5回(月曜日~金曜日)、3週間単位で行っています。

2018年のスケジュール

登録日 オリエンテーション(新入生向け) 開講日
1月24日〜31日2月2日2月5日〜26日
2月21日〜28日3月2日3月5日〜23日
3月23〜27日、4月2〜4日4月6日4月10日〜30日
4月24日〜5月2日5月4日5月7日〜25日
5月23日〜30日6月1日6月4日〜25日
6月25日〜7月4日7月6日7月9日〜27日
7月25日〜8月1日8月3日8月6日〜29日
8月29日〜9月5日9月7日9月10日〜28日
9月26日〜10月3日10月5日10月8日〜26日
10月24日〜30日(クラスルームオリエンテーション)11月5日〜23日
11月21日〜28日(クラスルームオリエンテーション)12月3日〜19日

コースの説明

参考元:www.dlsu.edu.ph

Conversational English(CE)コース 1〜8(30時間/3週間)

CE1初心者向けのコース。全く英語ができない方向けに、自己紹介や挨拶程度のレベルを提供
CE2初心者向けのコース。簡単な自己表現ができる英語レベルを提供
CE3初心者向けのコース。限られた生活の中で簡単な会話ができるレベルを提供)
CE4中学生レベルのコース。限られた生活の中、社会の中で求められる簡単な会話ができるレベルを提供
CE5高校生初級レベルのコース。日常会話や限られた中で仕事で必要とされる英語レベルを提供
CE6高校生中級レベルのコース。日常会話や仕事で必要とされる英語力、会話の練習を実践的にしようできるレベルを提供
CE7上級者レベルのコース。十分な文法構造を理解し、適切な語彙で具体的な話題に関するコミュニケーション能力を発揮できるよう、また様々なトピックに関するディスカッションができるレベルを提供
CE8上級者レベルのコース。英語による口頭および書面によるコミュニケーションに習熟している方向けのコース。プレゼンテーションなど高度な英語力を影響

 English Grammar (EG)コース1〜6(30時間/3週間)

EG1 初心者向けのコース。レッスンでは、よく使われる単語や、単純な時制について学んでいきます。
EG2 初心者向けのコース。英語の基本的な文章パターンと文法構造を実践的に練習していきます。練習を通してコミュニケーション能力を図っていきます。
EG3中級レベル向けのコース。英語の文法の基本構造や、時制について徹底して見直していき、実践的な知識を身につけるように、コミュニケーション能力も身につけていきます。
EG4 中級レベルのコース。このコースでは、練習問題を用いて、より複雑な文法構造を通して自分のアイデアを表現していくことを目的としています。スピーキングとライティングによる練習でコミュニケーション能力をさらにレベルアップしていきます。
EG5上級レベルのコース。文法的構造の異なるパターンや組み合わせにより、より複雑な文章でも効率よく伝わる方法を学んでいきます。スピーキングとライティングによる練習でコミュニケーション能力をさらにレベルアップしていきます。
EG6上級レベルのコース。EG1〜EG6までの集大成です。スピーキングとライティングによる練習でさらにコミュニケーション能力をさらにレベルアップしていきます。さらに、ライティングコースを受けるための準備として役立ちます。

 English Pronunciation(EP)コース1〜3(30時間/3週間)

EP1初級レベルのコース。母音と子音の正しい発音を練習することにより、発音問題を克服することを目的としています。
EP2中級レベルのコース。母音と子音の単純な音から、複雑な音の組み合わせまで学んでいきます。
EP3中級または上級レベルのコースです。このコースは、スピーチの練習により、母音、子音、イントネーションなど、より効果的な発音を総合的に学んでいきます。

 Reading Comprehension and Vocaburary Developmentコース 1〜6(30時間/3週間)

RCVD1初心者向けコース。このコースでは、基本的な読解スキルの向上と、文章を理解するための語彙を身につけていきます。
RCVD2中級レベルのコース。読解スキルを身につけ、さらに理解を深めるための語彙を増やしていきます。
RCVD3上級レベルのコース。英語の知識を広げるために必要な読解力と語彙を身につけ、読書に対しての関心を深めていきます。
RCVD4上級レベルのコース。このコースでは、読書を通して、学生が現在の問題を理解し他の人の文化や情報や楽しさ、喜びを学んでいきます。
RCVD5上級レベルのコース。さらに高度な学習を希望する学生のために作られたコースです。
RCVD6上級レベルのコースです。さまざまな世界的な問題に関心を持つ学生に対して、さらに意識を高めることを目的としています。このコースでは、学生が自分の意見を自信を持って英語で表現する能力を身につけていきます。

Writing Skills(WS)コース1〜3(30時間/3週間)

WR1English Grammar (EG)コース(EG4を含む)を120時間以上、習得した学生、またはEG4で優れた成績を持つ学生が習得するためのライティングコースです。
WR2WR1を修得した学生がさらにライティングスキルを向上させるために作られたコースです。
WR3WR1と2を修了した学生向けに作られた集大成のコースです。

Pre-Grad コース1〜3(30時間/3週間)

PRE-GRAD 1De La Salle University-Manilaの大学院プログラムに入学しようとする留学生のための初級プログラムです。このコースでは、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの基本的なコミュニケーションスキル、論理的思考、読解、コミュニケーションスキルの向上に焦点を当てます。
PRE-GRAD 2De La Salle University-Manilaの大学院プログラムに入学しようとする留学生のために作られた2段階目のコースです。このコースでは、ジャンル別のジャーナル記事、学術論文、講義とパネルディスカッションを読むことに焦点を当てます。
PRE-GRAD 3De La Salle University-Manilaの大学院プログラムに入学しようとする留学生のために作られた3段階目のコースです。このコースでは、ジャンル別の雑誌記事、学術論文を読み、さらに自分の見解をスピーチできるまでの能力を身につけることに焦点を当てます。

コースの料金

Regular Class (4〜14名)

 受講コース数初めて受講される方 2回目以上の方
1コース5,700ペソ5,600ペソ
2コース11,300ペソ11,200ペソ
3コース16,900ペソ16,800ペソ

Special Class (2〜3名)

 受講コース数初めて受講される方 2回目以上の方
1コース9,000ペソ8,900ペソ
2コース18,000ペソ17,900ペソ

Tutorial Class (マンツーマン)

 受講コース数初めて受講される方 2回目以上の方
16時間11,300ペソ11,200ペソ
30時間21,100ペソ21,000ペソ

追加料金

項目料金備考
登録料P 400.00
レベル評価料P 200.00
学生証発行料P 175.00
パソコン使用料P 60.00/1コースP120.00 (2〜3コースの場合)

入学サポート料金(1名)

項目料金 備考
入学サポート(3週間)30,000円オリエンテーションや大学とのやりとり
寮 or 宿泊施設手配10,000円別途、宿泊料金がかかります
空港ピックアップ3,000円

入学については、直接大学へお問い合わせいただくことも可能ですが、弊社では入学サポートも行なっております。英語でのお問い合わせやフィリピンでの滞在が不安な方は、お気軽に弊社へお問い合わせください。2019年より、デラサール大学のCeLLコースは、大学などの教育機関や企業の研修対象者のみの入学となり、個人様の短期留学は受付不可となりました。現在、お問い合わせ中の方、今後検討されている方には大変申し訳ございませんが、ご了承お願い致します。

学校の基本情報

参考元:www.dlsu.edu.ph

設立年度1989年
学校資本フィリピン
講師数14名
ネイティブ講師数なし
学生定員数
学生国籍比率
日本人スタッフなし
クラスレベル
入学日上記に記載
最短申込週3週間
SSP認定
TESDA認定
1日の最大授業時間8時間
学校設備De La Salle 大学の食堂、図書館などの施設は利用可能
寮設備
部屋タイプ
食事 なし
インターネット

地図

\ Please Share If You Like /

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンの事ならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。