こんな方はフィリピン留学に向かない!フィリピン留学に失敗しないために知っておくべきこと

Advertisement

低予算で英語留学ができる手段として近年人気のフィリピン留学。セブ島などは日本でもリゾート地として有名なので気になっている方も多いのではないでしょうか。

一方でフィリピン留学に対して「フィリピン留学って本当に大丈夫なの?」と不安や疑問を持っている方もいらっしゃることでしょう。

今回は、実際にフィリピンのセブ島に2ヶ月の留学をした方の実体験や留学生たちの意見を交えながら「フィリピン留学に失敗する人」「フィリピン留学に向かない人」と「それでも行きたい人がするべきその対策」についてご紹介していきます。

フィリピン留学には多くの不安点や疑問点があるかと思いますが、それでもフィリピン留学が気になっているという方はぜひお気軽にお問い合わせください。

フィリピンの治安が気になる

フィリピン留学をする上で「治安が気になる」という人はフィリピン留学にはあまり向いていないと言えます。フィリピンの特にセブなどは上記にある通り、リゾート地のイメージがありますが、リゾート地にある語学学校はマクタン島の一部となります。

発展途上国の側面が強いフィリピンでは、ひったくりやスリなどが発生している点は否めません。街には浮浪者やストリートチルドレンがたくさんいますし、少し大通りを離れるとスラム街や、スラム街ではなくても薄暗く身の危険が起こりそうな場所がまだまだあるのが実情です。

デパートメントストアやスーパーマーケットの入り口、もしくは道路にはショットガンを持ったガードマンが目を光らせています。私たちに銃口が向くことはありませんが、そのような銃器を使うことが日常に潜んでいるということがわかります。

そのため「治安が気になる」と日本レベルの治安を期待する方はフィリピン留学には向いていないと言えるでしょう。

フィリピン留学の治安が気になっている方へ

フィリピン留学をする日本人は年々増えてきており、フィリピン留学を経験している日本人留学生は今までに約5万人以上、年間では現在では7000人以上が留学していると推測されております。

しかしながら、今までにフィリピン留学をした学生が殺人事件にあったという例はなく、あくまで、留学生に関して言うと、「ひったくり」「スリ」「詐欺」といった犯罪に注意するといったレベルになります。

また「ひったくり」「スリ」「詐欺」に関しても、十分に注意していれば、事件に合うこともないといっても良いでしょう。それではどのような点に注意すれば良いのでしょうか?

夜に出歩かない

フィリピンだけではなく、他の外国でも言えることですが、夜になると犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。授業が終わって一息つきたい気持ちもあると思いますが、夜の行動(特に一人の場合)は危険度が高まります。

危険な場所には近づかない

夜だけではなく、人混みが多い地域やスラム街などでは、スリやひったくりなどの犯罪も多くなります。高価なものは持ち歩かず、カバンは体の前に持つようにしましょう。また女性は露出が高い服を避けるようにしましょう。

寮の生活を基本として、クラスメイトと行動を共にする

語学学校内のクラスメイトと寮での生活を基本とし、フィリピンの観光などは学校が主催するツアー参加などに留めておくことで治安面についての不安はかなり解消されるでしょう。

フィリピンの衛生面が気になる

フィリピンといえばセブ島などにある美しいビーチが最初に思い浮かぶのではないでしょうか。しかしそのようなビーチの付近にある語学学校はほんの一部になります。

基本的には現地のフィリピン人が生活している市街地に設立されていることが多く、そのため人や交通量が多い場合がよくあります。ゴミが散乱していたり、車の排気ガスなど空気が悪かったりと、衛生面の課題を抱えているように感じることでしょう。

もちろん日本の都心部のように綺麗な道路や町並みを期待すると、その期待は外れてしまうでしょう。基本的にフィリピンの市街地はごみごみとしていて、遠出して海や自然の中に行くと非常に美しい環境があるという状況です。

フィリピン留学をすると基本的に平日は市街地での生活になりますので、周囲の環境は日本と比べてしまうと衛生的ではないと言えます。そのため日本のような衛生レベルを求める方はフィリピン留学には向いていないと言えます。

フィリピンの衛生面が気になる方へオススメの学校

もしそのような方でもどうしてもフィリピン留学に行ってみたいというのであれば、費用が少し高くなっても環境が整っている語学学校を選ぶことをオススメ致します。

セブ島であれば、マクタン島の中にあるリゾート地にある語学学校であればリゾート気分を味わいながら留学していただける環境にあります。

フィリピン訛りの英語が気になる

フィリピン留学を考えられている方の中には、フィリピン人の英語の訛りを気にされる方が多くおられると思います。仮にイギリス英語を身に付けたいという方には、フィリピン留学はおすすめできないかもしれません。なぜならフィリピン留学は基本的にはアメリカ英語だからです。

また、語学を専門とした職業でプロフェッショナルとしてネイティブスピーカーと渡り合える英語力を身につけたいのであれば、英語ネイティブ圏に行くべきかもしれません。

英語初心者や中級レベルはフィリピン訛りを気にするレベルではない

フィリピン留学を経験して言えることが、英語初心者や中級レベルくらいでは、フィリピン人の英語の訛りを気にするレベルではない、と言うことです。

フィリピン人の英語訛りを気にするレベルは、フィリピン人と同等の英語レベルまで必達するくらいからで良いと思います。小学生が普通に字幕なしの映画を見られることを考えれば、英語初心者の日本人がフィリピン人訛りの英語を気にするのはおかしいのではないでしょうか。

世界には色んな訛りの英語を話す人がいる

世界には色々な人種と国籍からなる英語スピーカーが多くいます。そして、イギリス人やアメリカ人以外の英語を聞き取る必要性が出てきます。英語圏においても他国からの移民も多く、必然的に英語圏以外の訛りがある方と接する機会も出てきます。

訛りが聞き取れないから、英語のやり取りができないと言うことでは、様々な日常やビジネスの場面で対応することができません。

フィリピン留学でフィリピン訛りの英語が気になる方へ

フィリピン留学においては、学校によっては英語圏のネイティブスピーカーがいる語学学校もあります。特にクラークにある語学学校は、ネイティブによるマンツーマンレッスンを受けられる学校があるので、予算が限られているのでフィリピン留学が良い、それでもネイティブから英語のレッスンを受けてみたいという方は以下の学校をおすすめ致します。

 日本の環境や日本人の性格と比較する人

すでに上記にもある通り「日本の環境や文化、日本人の性格」とフィリピンのあれこれを逐一比較してしまう人にはフィリピン留学は向いていません。

私と同じ語学学校に通っていた留学生の方でそのような方がいました。

  • 「フィリピン人は時間感覚が甘すぎる。日本人はこうではない。」
  • 「フィリピンは街が汚い。日本はもっと綺麗だ。」
  • 「日本食が早く食べたい。フィリピンの食事は脂っぽい。」

などと一つ一つ、フィリピンと日本との文化などの差異を比べては不満を漏らしていました。

そのような気持ちでフィリピンに行って、フィリピンの文化を優先せずに日本の良いところばかりを比較していてはフィリピン留学を楽しむことはできません。

日本にいいところがあるように、フィリピンにもいいところは山ほどあります。私などはフィリピンの素晴らしさを心から気に入って、いつかは長期滞在をしたいと思うくらいになって出国したくらいです。

日本の環境にできるだけ近い環境が良い方へ

もしこのように日本と他国を比較してしまうけれど、どうしてもフィリピンでの英語留学をしたいという方には日本人経営で、なおかつ、周辺環境、施設環境が良い学校をおすすめいたします。そして、留学生活の全てを語学学校で終わらせてしまうということです。

このようにすれば日本人の口にあった食事が食べられ、日本人の衛生観念に適した環境で過ごすことができ、最大限にフィリピンという国をフィルターにかけて過ごすことができるでしょう。

最後に

今回はフィリピン留学に向かない方と、それでも行きたい場合にするべき対策をご紹介しました。もし上記の内容が当てはまった方はいらっしゃれば、今一度、フィリピン留学を再検討されてみてはいかがでしょうか?

フィリピン留学には多くの不安点や疑問点があるかと思いますが、それでもフィリピン留学が気になっているという方はぜひお気軽にお問い合わせください。

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンのことならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。