カナダ留学からセブ留学に変更した大学生の口コミ体験談!セブ短期留学のメリットとデメリット

Advertisement

大学生の中には、春休みや夏休みなどの長期の休み、または休学をして留学を検討しているという方も多いのではないでしょうか?英語圏の欧米諸国やフィリピンへの留学など留学先は色々あると思います。

今回はカナダの短期留学を検討しつつも、最終的にはフィリピンのセブ留学を決めた女子大生にフィリピン・セブ留学のメリットとデメリットを語っていただきました。

フィリピン留学はメリットばかりではなく、デメリットもあります。それを理解してフィリピン留学を検討してみてください。

女子大生のフィリピン留学口コミ体験談について

「留学に行きたいとは思っているけど、どこの国にどのくらいの期間行こうかな….? 」となかなか考えがまとまらず行動に移せない!という方もいるのではないでしょうか?

私の場合は、もともとセブへ留学に行こうという考えは全くなく、カナダへの1週間短期留学を考えていました。しかしながら、色々な情報を集めていく中で、セブへ1ヶ月の短期留学をすることに至りました。

期待していた以上にセブ留学の良さを知ることができたし、反対に期待外れでガッカリしてしまったポイントもありました。

ということで、今回は実際に経験して分かったセブ短期留学のメリットとデメリットをいち大学生の視点からお伝えします。フィリピンのセブ留学に行こうか迷っている人、もしくは語学留学には行くのだけれど留学先をどの国にするか迷っている人はぜひ参考の1つにしてください。

フィリピン留学のメリットについて

まずはセブ短期留学のメリットからお伝えします。

フィリピン留学は費用が安い

セブに短期留学するメリットの1つ目はやはり費用の安さです。アメリカやオーストラリアなどの国と比べても費用が安く、滞在費も含めた場合には同じ金額で倍以上の期間で留学できてします。

発展途上國のフィリピンでは英語教師の人件費も安い上に物価も安いため、滞在にかかる費用が安く抑えられるのです。また、人気の留学先であるカナダやアメリカに比べ日本から近いため、飛行機チケットの金額も必然的に安くなります。出発の時期や利用する航空会社によっても金額は異なりますが、大体2分の1もしくは3分の1の料金で航空券を購入することができます。

留学にかかる費用は、基本的には授業料と寮・食事の費用がセットになっています。それに加えて、航空チケットの料金や海外保険の費用、ポケットwi-fiを持って行く予定なのであればそのレンタル代金が別途かかります。留学先を決める時はそれら全てを計算した上で比較しましょう。

フィリピン留学はマンツーマンレッスンが受けられる

フィリピン・セブ留学は授業数が多いだけでなく、授業スタイルも個人的には魅力的でした。私が実際に通っていた語学学校では生徒4人のグループレッスンとのンツーマンレッスンがあり、4コマあるうちの3コマはマンツーマンレッスンでした。

先生とマンツーマンで授業が受けられるため、分からない点や苦手な点はすぐに相談することができます。また、マンツーマンレッスンでは自然と会話が増えるため授業の合間のちょっとした雑談が英会話の練習になっていました。また、グループレッスンといっても最大でも生徒4人なので発言する機会も多くあり、クラスメイトとのコミュニケーションも取りやすい授業環境でした。

フィリピン留学は観光も楽しめる

もちろん英語力を勉強するというのがセブ留学の1番の目的ですが、留学期間中、常に勉強のことだけを考えていては気が滅入ってしまいます。

平日は英語の勉強に集中して、休日はクラスメイトと海へ遊びに行ったりショッピングを楽しんだりと気持ちをリフレッシュするようにしていました。そこで挙げられるセブ留学のメリットとしては、リゾート地としても発展しているため観光と勉強をバランス良く楽しむことができるという点です。

また、セブは年中通して暖かいため天候にスケジュールを左右されることもありませんでした。ちなみに私はボストンでの留学経験もあるのですが、冬は大雪になることも多く寮から出られない日も数日ありました。勉強と観光どちらも楽しみたい方は留学に行く時期と行き先の気候は確かめておきましょう。

フィリピン留学のデメリット

フィリピン留学はメリットばかりではありません。実際に、体験してわかったデメリットをお伝えします。

フィリピン留学は日本人が多い

これはセブ留学に限ったことではありませんが、大学の長期休みの時期には日本人の比率が高くなってしまいます。同じ時期に授業に加わるため授業クラスも日本人が多くなってしまい、また入寮の時期も同じなのでルームメイトも日本人になってしまう可能性があります。英語を使おうと決めていても日本語が通じてしまうとどうしても日本人と日本語で話してしまったり…。

しかし、この日本人が多い環境を上手く利用すればメリットにもなる可能性があります。というのも留学当初は友達や知り合いも少なく以前から滞在しているコミュニティに入りづらい場合があります。

そんな時はまず、すでに滞在している日本人留学生と関わってみてください。その人から他の外国人留学生と友達になったり、週末の観光に誘ってもらえらりと自然と人脈を広げることができます。

実際に留学した経験からプラスに感じたことも・・・

また日本人が多いとどうしてもマイナスのイメージをもたれやすいですが、実際に留学した経験からプラスに感じたこともありました。まず、日本全国から留学にくるので普段は出会わないような人たちと関わることができます。大学で学んでいることや将来の夢、地元のことなどを共有していく中で様々な発見がありました。

そしてセブへ留学にくる学生の多くは英語学習に対して意欲が高かったり、将来を見据えて留学をしに来ていたりと意識が高いと感じました。セブ留学中にたくさんの人に出会い交流することは自分の将来について見つめ直すキッカケにもなるでしょう。そしてそこで築きあげた人脈はぜひ日本に帰国した後も大切にしてください。

フィリピン留学は誘惑が多い

メリットにも挙げたようにセブは観光地として発展しているため誘惑が多いのも事実です。街中にはオシャレな飲食店も増えてきて大型のショッピングセンターにも手軽に行くことができます。

気持ちをリフレッシュするためにそういった娯楽の場を楽しむのは良いのですが、単に誘惑に負けてしまいそうにることもあります。クラスメイトに誘われて毎日のように授業後遊びにいってしまっては授業の予習・復習ができなくなってしまいます。

勉強と息抜きの時間のバランスが大切になってきます。部屋の目につく場所に留学の抱負や目標を紙に書いて貼っておいたり、周囲の人に「授業終わりは復習をしたい」など自らの意思を伝えておくのも良いかもしれません。セブという環境を有効に使ってより良い留学生活を送りましょう。

短期のフィリピン留学ではすぐには結果が出ない

セブ留学に限ったことでは無いですがどうしても「留学に行けば話せるようになる」と考えてしましがちですが、語学学習の成果はすぐには出ません。

しかし語力の習得には継続した学習が必要になります。1年間や2年間など長期の留学においてはそれだけの期間を英語に触れて過ごすのでまた事情は変わってきますが、2週間や1ヶ月などの短期の場合には留学前と帰国後の持続的な英語学習が重要になってくるでしょう。

帰国後も積極的に国際交流できる場に参加したり、通学中には英語のラジオを聴くなど継続的に英語学習ができるよう心掛けましょう。

フィリピン留学体験者のメッセージ

今回は大学生に向けたセブ短期留学のメリットとデメリットをお伝えしました。後から振り返ると留学前カナダだけに候補を絞ってしまっていたのはもったいなかったなと思います。

選択肢を広げ、デメリットとメリットを理解した上で選ぶ。これは留学に行きたいと考えてから行動に移す第一歩なのではないでしょうか?ぜひ皆さんもメリットとデメリットを知った上で自分にあった留学先・留学プランを見つけて、充実した留学生活を過ごしてください。

最後に

最近では、多くの大学生がフィリピンのセブ留学に参加されています。最初は欧米圏に留学する予定だった人も、費用の安さと、欧米の語学学校にはない、マンツーマンレッスンでスピーキング力をつけたいという方が増えてきています。

欧米留学を検討していたけれど、フィリピン留学も検討してみたい方はぜひお気軽にお問い合わせください。

 

Advertisement

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンのことならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。