フィリピン英語留学のコース例と体験談のご紹介

フィリピン英語留学のプログラム例

フィリピンの英語留学プログラムについては、マンツーマンが基本になりますが、TOEICやTOEFLに特化した資格対策プログラムも充実しています。講師陣はフィリピン人の他に、欧米人がTOEICやTOEFLをサポートしている語学学校もあります。資格対策コースでは、各々に特化した講師陣が担当する学校が多いのが特徴的です。

それではフィリピン留学のプログラムについてご説明していきます。あくまでサンプルプログラムですので、プログラムはご自身でアレンジできるというのがフィリピン英語留学の最大のメリットになります。学校によって異なりますが、実際に授業を受けていただく中で、アレンジすることも可能ですので、その際は語学学校のスタッフにご相談することもできます。

一般コース例

マンツーマンやグループレッスンに加えて、無料でのオプションの授業を選べることもできます。無料オプションコースには、TOEFL講座、TOEIC講座、発音矯正、映画鑑賞、CNNクラスなどがあります。マンツーマンレッスンの中でも、特に注目したいのが、スピーキングのレッスンです。マンツーマンでの授業になりますので、思う存分、話すことによって日本人が一番苦手とするスピーキング能力を伸ばすことができます。

内容 授業時間
マンツーマンレッスン 4時間
グループレッスン 2時間
無料オプションコース 2時間
合計 8時間

一般コース体験談(セブ島4週間 H. S.さん)

授業を受けた感想

授業はマンツーマンからグループクラスがあり、特にマンツーマンに関しては充実していました。マンツーマンでは、個別のレベルに合わせた授業をしてくれるので、自分の弱点に絞って学ぶことができました。グループレッスンでは、他の生徒とディスカッションをしたりと、世代や国籍を超えて議論できたのも良かった点です。

寮の部屋について

私は2人部屋を利用しました。同じ部屋には韓国人の生徒の方と一緒になり、日常会話は英語を使用していました。お互いの国や文化について話したり、日本語を使わない環境も良かったと思います。

休日の過ごし方

授業の後や週末はいろんな場所に遊びにいきました。特にジプニーは最初不安を感じていましたが、4週間もいれば、途中から慣れてしまい、何より初乗りが8ペソという価格なので近くのショッピングモールには安いのでジプニーをよく利用していました。タクシーに関しても40ペソと安いので、夜に関してはタクシーも利用していました。私は4週間で土曜日も授業をオプションで入れていたので、日曜しか休みがなかったので、リゾート地には行きませんでしたが、学校が主催しているアイランドホッピングツアーだけでも参加すれば良かったかな、と少し後悔しています(笑)

 

TOEICコース例

TOEICに特化した講師陣がレッスンを行います。TOEICに役立つ英単語や文法なども強化していきます。語学学校では実際にTOEICテストを受けられる学校もあります。

内容 授業時間
マンツーマンレッスン 4時間
グループレッスン 2時間
テスト 1時間
義務自習 1時間
合計 8時間

 

TOEICコース体験談 (マニラ4週間 S. Iさん)

授業の感想

私が受けたTOEICコースは、マンツーマン3時間、グループレッスン4時間、テスト1時間、義務自習2時間という内容になります。どうしてもTOEICのスコアを上げたかったので、自習時間も2時間とり、予習・復習に当てていました。またスピーキングも強化したいということもあり、マンツーマン授業も受けていましたが、英語で話すことへの恥ずかしさや、躊躇するという感情はなくなりました。

寮や部屋の感想

TOEICの勉強に集中したかったので、私は一人部屋を選びました。勉強に集中できること以外にも、相部屋は安全面に関して少し不安もあったため、一人部屋のプライバシーが守られている点については、安心することができました。部屋は日本に比べると劣りますが、特に不満はありませんでした。トイレにもシャワーがついている点については良かったです。

休日の過ごし方について

休日は学校のツアーでボラカイ島に行きました。現地の方によると、ボラカイ島は今、フィリピンで一番人気のリゾート地のようで、運よくチケットも取れて良かったです。ボラカイ島で見た夕日が一番の思い出です。

TOEICのスコアについて

留学前のTOEICスコアが485点で、留学後に受けたスコアが630点でした。留学後も勉強は行っていたのですが、やはりフィリピン留学での効果が大きかったと思います。3ヶ月以上の留学すると200点以上伸びると言われているので、次回の夏休みを利用して、またフィリピン留学を利用して、さらにスコアアップを狙いたいと思います。

 

TOEFLコース例

TOEFLに特化した講師陣がレッスンを行います。スコアアップを目指す内容で構成されています。模擬テストのほかには、義務自習を行っている語学学校もあります。

内容 授業時間
マンツーマンレッスン 4時間
グループレッスン 2時間
テスト 1時間
義務自習 1時間
合計 8時間

 

スパルタコース例

通常のマンツーマンやグループレッスンに加えて、担当講師が食事の時も常に英語が使用できる環境を作ることが特徴的なレッスンです。

内容 授業時間
マンツーマンレッスン 5時間
グループレッスン 3時間
義務自習 2時間
合計 10時間

スパルタコース体験談(セブ島4週間 Y. Tさん)

授業の感想

一般コースと悩みましたが、勉強するという固い意志を持ってスパルタコースを選びました。マンツーマン中心でわからないことがあれば、自分のペースに合わせて授業を進めてくれることがとても良かったです。今までは、わからないことがあれば、見てみないふりをしていましたが、スパルタコースではそのような習慣が一切なくなりました。平日は朝から晩までみっちり勉強していたので、正直辛かったのですが、4週間で200時間以上も英語の勉強に集中できるという環境はフィリピン留学のスパルタコースならではだと感じました。

寮や部屋の感想

部屋は一人部屋を選びました。自分の性格上、相部屋になるとどうしても人と話してしまいがちになるので・・・。結果、勉強に集中することができて良かったです。少し寂しいかとも思いましたが、勉強をしにフィリピンに来ているんだということを何回も自己暗示にかけていました(笑)部屋は思ったより綺麗で安心しました。シャワーの水圧も良かったです。

休日の過ごし方について

スパルタコースだったので、基本的には夜の外出は禁止でした。逆にそのような規則があり、自分に甘えるのもできないので良かったです。その分、休日はアイランドホッピングをしたり、ショッピングに出かけたりとリフレッシュするようにしました。

フィリピン留学の感想

短期で集中して英語を勉強したい方には、フィリピン留学のスパルタコースはおすすめです。長期だと辛いかもしれませんが、1ヶ月くらいなら思い切ってスパルタコースを選んで良かったと思っています。またマニラではなく、セブを選んだのも正解でした。平日に思いっきり勉強して、休日はリフレッシュするといったこともできるので、そのメリハリも自分にも合っていました。短期でがっつり勉強したい人には絶対におすすめです!

ビジネス英会話コース例

英語での会議、電話対応、ミーティングなど、ビジネスシーンで使用される英語での対応方法や、英文資料や英文メールの作成方法、そして、英語でのプレゼンテーションの効果的な方法などを体系的に学ぶことのできるコースです。

内容 授業時間
マンツーマンレッスン 4時間
グループレッスン 2時間
義務自習 2時間
合計 8時間

 

シニア留学コース例

リゾートなど余暇を楽しみながら勉強したいというシニアの方におすすめなのが、1日4時間の比較的余裕のある勉強スケジュールです。異国の地になりますので、無理をせず英語を楽しむところから、ゆっくりと個人のペースに合わせて英語を学ぶコースです。

内容 授業時間
マンツーマンレッスン 2時間
グループレッスン 2時間
合計 4時間

 

親子留学コース例

最近では、子供に英語の環境に触れさせたいという親御様も多く、余暇を楽しみながら子供と英語の勉強をしてみたい、子供に英語に興味を持ってもらいたい、外国での生活で異国の文化を学んで欲しいという方のためのコースです。スケジュールはお子様の年齢によって異なり、中高生以上であれば大人と一緒のスケジュール、小学生についてはゆったりとしたスケジュールを組んでいただくケースが多いです。

内容 授業時間
マンツーマンレッスン 4時間
グループレッスン 2時間
合計 6時間

親子留学コース体験談(セブ島2週間 K. Aさん)

授業の感想

8歳になる息子と2人でセブ島に2週間親子留学をしました。自分自身も心配でしたが、息子がレッスンについていけるか心配だったのですが、先生にも懐いて、息子の方が英語の順応も早いのが驚きでした。英会話初心者だった私としては、少し悔しかったです(笑)気さくな先生が多く、親子留学は、その時には私たちだけだったので不安もありましたが、皆さんよくしていただいて、子供は学校の人気者状態でした。元々、おとなしい息子だったのでそれほど心配はありませんでしたが、心配な方は、マンツーマン中心の学校を選ぶようにした方が良いかもしれません。

寮や部屋の感想

部屋は息子と2人のホテルタイプを利用しました。寮もあったのですが、色々と心配な面もあったので、ホテルにして正解だったと思います。日本のような綺麗なホテルではありませんが・・・数日も経てば息子も私も慣れてしまって特に問題はありませんでした。WIFIも少し遅い時もありましたが、特に目立った問題ありませんでした。

休日の過ごし方について

宿泊客でなくとも数百ペソを払えばプールだけ利用することができると聞いたので、休日は近くにあるリゾートタイプのプールに行きました。そのほかは、近くにあるショッピングモールでショッピングをしたりして楽しみました。

フィリピン留学の感想

色々と不安があった親子留学ですが、思い切ってチャレンジして良かったと思います。何より子供が英語に興味を持ってくれることができて、帰国してからもスカイプで英語のレッスンを行っています。親が押し付けて勉強させる環境ではなく、自分から学びたいと思えるような環境を作ることができたので良かったです。息子もまたセブに行きたいと言っているので、フィリピン留学は今後も利用したいと思います。

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンのことならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。