ネイティブ講師が在籍しているフィリピン留学!留学費用とおすすめフィリピン語学学校10選!

Advertisement

フィリピン留学と言えば、フィリピン人講師のみのレッスンしか受けられないというイメージを持っている方も多いようですが、フィリピンの語学学校にはネイティブ講師も在籍しており、ネイティブの授業も受けることができます。

フィリピン留学の後に欧米留学を考えられている方や、どうしてもネイティブの授業を受けたいけれど、予算の都合でフィリピン留学を検討している方など、ぜひネイティブ講師が在籍しているフィリピン語学学校を検討されてみてはいかがでしょうか?

ネイティブ講師が在籍している語学学校を選ぶメリットとデメリット

ネイティブ授業があるフィリピンの語学学校をご紹介する前に、メリットとデメリットをそれぞれ紹介させていただきます。フィリピン留学を検討されている方はぜひご参考ください。

ネイティブ講師が在籍している語学学校を選ぶメリット

ネイティブ講師が在籍している語学学校を選ぶメリットはいくつかあります。

  • フィリピン留学の後に欧米に留学する予定がある
  • ネイティブの発音に慣れたい
  • 欧米留学よりも費用が格安

ネイティブ講師が在籍しているフィリピン語学学校を検討されている方の中で一番多いのが、フィリピン留学のあとに、欧米留学を検討している、または予定しているという方が多いようです。

ネイティブ講師に比べると、フィリピン人講師の英語の発音は幾分、日本人には聞き取りやすいと言われています。もちろん、フィリピン人講師は日本人のレベルに合わせて話すスピードをゆっくりしていることも、その一つの理由になりますが、ネイティブにも地域によって訛りがありネイティブ独自の発音があります。

そのネイティブ独自の発音に慣れるためには、ネイティブ講師のレッスンを受けることをおすすめします。またフィリピン人講師にはない、欧米の文化や風習などの知識をネイティブ講師から吸収するもできます。

ネイティブ講師が在籍している語学学校を選ぶデメリット

次に、ネイティブ講師が在籍している語学学校を選ぶデメリットについてご紹介いたします。

  • 全てネイティブ講師のレッスンではない
  • フィリピン人講師よりも費用が高くなる
  • 英語初心者の方だとネイティブの発音についていけない

欧米留学と比べるとかなり格安でネイティブ講師のレッスンが受けられますが、フィリピン人講師のみのコースと比べると、ネイティブ講師のレッスンをオプションで増やすなどすると幾分費用が高くなりますので、できるだけ費用を抑えたいという方にはデメリットとなります。

また、英語初心者の方は、ネイティブ講師の発音についていけないという方もおられます。慣れるという意味でもフィリピン人のマンツーマンレッスンで、リスニングやスピーキングを強化する方を優先されることをおすすめいたします。

ネイティブ講師が在籍しているフィリピン語学学校10選!

以上のメリットとデメリットを理解した上で、ネイティブ講師が在籍している語学学校にフィリピン留学したいという方に、おすすめのフィリピン語学学校を地域別にご紹介いたします。地域別の情報については下記のリンクもご参考ください。

セブ:Genius English (ジーニアスイングリッシュ)

  • 1週間・・・66,250円〜
  • 1ヶ月・・・140,000円〜

Genius English (ジーニアス イングリッシュ)は、セブでは珍しいロシア資本の語学学校で、様々な国籍の学生が滞在しているので、多国籍の環境で勉強することができます。

また、マクタン島に位置しており、目の前には海が広がっているリゾートでリラックスして勉強できる環境が整っています。セブの海を眺めながら滞在したいという方にはおすすめの語学学校になります。

セブ:3D Academy(3Dアカデミー)

  • 1週間・・・34,000円〜
  • 1ヶ月・・・114,000円〜

3Dアカデミーはセブ島にある日本経営の語学学校です。日本人向けの英会話学習を実践している定評のある語学学校です。

ITパークの近くに位置しており、ショッピングモールやスポーツジムも寮に隣接しているので生活にも便利な語学学校です。カリキュラムも豊富で様々な目的に応じたコースがあります。

セブ:CPILS(シピルズ)

  • 1週間・・・639ドル〜
  • 1ヶ月・・・1,423ドル〜

CPILSは、セブ最大の規模で学生定員数は、なんと520名。もっとも歴史のある語学学校です。日本人学生を受け入れ実績のパイオニアでもあり、子供からシニアまで安心して留学できます。そして、ネイティブ講師や経験豊富な講師陣が効率的なカリキュラムを提供しています。

セブ:C2 UBEC(シーツーユーベック)

  • 1週間・・・65,000円〜
  • 1ヶ月・・・154,000円〜

C2 UBECはセブ島にある日本資本ながらも国際色豊かな語学学校です。日本人比率は5〜6割なので、日本人が少ない語学学校を考えている方にとってもおすすめの語学学校です。

また短期間の留学で集中的に授業を受けたい方には、土曜日の授業もオプションで追加可能です。また母国語のしよう禁止なので英語が自然と話せる環境も整っています。

C2 UBEC(シーツー ユーベック)| 多国籍学生が多く国際色豊かなセブの語学学校 

セブ:ZA English (旧UV ESL)

  • 1週間・・・50,000円〜
  • 1ヶ月・・・123,000円〜

UV ESLはセブ島のビサヤ大学付設の語学学校です。セブ島でも珍しい大学付設校なので、現地の学生とも交流ができます。

日本経営の学校ですが、日本人比率も40〜50%と日本人も少なく韓国・中国・台湾・ベトナム・タイ・トルコなど様々な学生と交流ができるグローバルな環境です。

またビサヤ大学で興味のある講義を実際に聴講することも可能です。UV ESLで学んだ英語能力で興味のある学問を英語で学ぶという活きた英語能力を身につけることができます。

クラーク:CIA(シーアイエー)

  • 1週間・・・345ドル〜
  • 1ヶ月・・・1150ドル〜

CIPでは、ネイティブ講師の授業が受けることが可能です。施設内では、全てのエリアで英語での会話が義務付けられており、母国語禁止制度になっているので、早く英語に慣れていただくことができます。また、国際色豊かで様々な国からの学生が留学生がいるので、英語で国際交流や異文化を学ぶことができます。

IETLS公認レビューセンターになっており、ILETS対策にも強く、欧米圏への海外留学を目指している方におすすめです。

クラーク:BIGTREE(ビッグツリー)

  • 1週間・・・439ドル〜
  • 1ヶ月・・・1350ドル〜

BIGTREE(ビッグツリー)は、安全なクラーク経済特区にある語学学校で、クラーク国際空港からも車で約5分と利便性の良い位置にあります。

ピークシーズン以外は、月曜以外の入学も可能なため、月曜入学のスケジュール調整が難しい方にもおすすめです。また、お子様連れの親子留学や、シニアに人気のゴルフ&イングリッシュコースなどがあります。

クラーク:CIP(シーアイピー)

  • 1週間・・・67,200円〜(1ドル=112円換算)
  • 1ヶ月・・・128,800円〜(1ドル=112円換算)

CIPはクラークにあるフィリピンの語学学校には珍しいネイティブスピーカーの講師が多数在籍しています。欧米留学を考えているけど予算の都合がつかない!でもネイティブスピーカーのレッスンも受けたいという方におすすめの語学学校です。

TOEIC、TOFLE、ILETSなどの試験対策、点数保証制度コースもあるので、必ず目標を達成したい方におすすめです。

クラーク:AELC(エーイーエルシー)

  • 1週間・・・310ドル〜
  • 1ヶ月・・・1,100ドル〜

AELCはクラークの経済特区にある語学学校で、フィリピン人のマンツーマンレッスンだけではなく、欧米のネイティブ講師の在籍数も多いのが特徴になります。ホテル型のキャンパスでセキュリティも安全です。また施設内にはプールやジム、スパなどの施設もあり充実した生活を送っていただけます。

また、インターナショナル幼稚園も運営しており3〜6歳の幼児、7〜15歳を対象としたジュニアコース、そして保護者用のコースも開講されているので、お子様だけではなく、お子様のいる親御様もレッスンを受けていただくことも可能です。

ボラカイ:Paradice English (パラダイスイングリッシュ)

  • 1週間・・・53,312円〜(1ドル=112円換算)
  • 1ヶ月・・・177,856円〜(1ドル=112円換算)

パラダイスイングリッシュは、フィリピンで最も人気のリゾート地でもあるボラカイ島にあるカナダ人経営の語学学校です。ネイティブ講師も在籍しており、英語を勉強しながらリゾートも楽しみたい方にオススメの学校です。

海外の言語学校予約サイトLanguageCourse.netなどから高い評価を得ており、顧客満足度優秀賞を受賞したこともあります。

最後に

ネイティブ講師が在籍しているフィリピンの語学学校を選ぶメリットとデメリットを理解した上で、リゾート留学を選ぶメリットはたくさんあります。

欧米留学では、グループレッスンが中心のため、留学を終えた後でも英語のレベルがほとんど変わらずに帰国される方も多いようです。

留学を考えてはいるけれど、ネイティブ講師から英語のレッスンを受けたいという方は、フィリピン留学でもネイティブ講師からレッスンを受けることも可能です。欧米留学を予定している方でも、まずはフィリピン留学で英語の基礎固めをされる方が最近では増えており、英語力を伸ばされております。ぜひフィリピン留学を検討されてみてはいかがでしょうか?

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンのことならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。