フィリピン留学について

なぜフィリピンで英語留学できる?フィリピンって英語の国?

フィリピンが昔アメリカの植民地であった時代に、アメリカ人がフィリピンに英語を伝えたのが始まりです。以来、経済力の強くないフィリピンでは政策の一環 で英語を公用語とし、幼稚園から大学まで授業を英語で行っています。アメリカとイギリスに次いで英語人口は世界第3位です。

フィリピンでは、英語を公用語 として教育や日常の中で使用しています。また、TV、印刷出版、ビジネスなどの場面で使用されています。

フィリピン英語って訛りがありませんか?

アジアではフィリピン人が最も綺麗な英語を話すと言われています。現地の人の中にはフィリピン訛りを持つ人もいますが、学校の教師は全員高いレベルでの英 語教育を受けています。

ネイティブ並みの発音の教師や日本人には訛りが分からないレベルの教師も少なくありません。また、日本人はどこで英語を勉強しよう と、日本人訛りの英語になります。

なぜフィリピンの学費は安いのか?

フィリピンの給与水準は日本の約10分の1、物価は約5分の1と言われています。人件費と学校の建物にかかる費用が安いため、質の高い講師を選び現地水準以上の給料を与えても、それでもなお欧米圏の留学と比べ圧倒的な格安で留学を提供する事が可能となっています。

なぜ短期で英語習得できるのか?

講師の人件費の高い欧米圏留学では、授業は必ずグループ形式で行われ、1日の授業数は平均4-5時間というところが多いようです。しかしフィリピンでの留学の場合、講師と生徒が1:1のマンツーマンレッスンが授業の半分前後になっています。

また、1日の授業時間数が違います。欧米留学の1日平均5コマの授 業に対して、フィリピンでは1日8コマ前後です。初心者の方ほど、上達度合いは「スピーキング量」に比例すると言われており、スピーキング量を増やすのに マンツーマンレッスンが最適です。マンツーマン形式&授業数の多さが短期習得を可能にします。

留学のための査証(ビザ)は入りますか?

フィリピンには日本国籍の方は30日間までビザは不要で滞在できます。 予め31日間以上滞在することが決定している場合も、現地到着後学校スタッフがビザ手続きを代行してくれますので入国前にビザの取得は留学期間に関係なく 一切必要ありません。

また入国の際の入国カードの渡航目的は観光にチェックを入れてください。

SSPとは何ですか?

SSP(Special Study Permit)とは、外国人がフィリピン国内で合法的に勉強目的の滞在をする為に必要な許可証で、フィリピン政府が発行します。通常留学といえば学生ビザですが、SSPはその簡略版と考えて下さい。

フィリピンでの短期留学においては必ずSSPが必要となり、これを取らずに摘発されると、罰金と入国拒否の重 い処分が科されます、弊社がご紹介しているフィリピンの語学学校は、フィリピン政府から正式にこのSSPの発行認可を受けた語学学校です。

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンのことならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。