フィリピン格安留学2ヶ月間の費用や効果は?体験者の留学後の気になる英語力について

Advertisement

フィリピン留学について興味があるけれど、どれぐらい費用がかかるのか、向こうでの費用がどれぐらい必要なのかわからなくて不安だという方は少なくないはずです。

今回はそんな方に向けて、実際にフィリピンのセブ島に2ヶ月間留学した方に、トータル費用も教えていただきました。飛行機代や現地での生活費(娯楽費)、そして気になるフィリピン留学の効果や、留学前と留学後の英語力について体験者の方にご紹介いただきます。

2ヶ月留学された方の体験談

目次

フィリピン留学2ヶ月間の理由

大学生や転職に向けて休職中の方の中には、フィリピン留学で2ヶ月勉強しようと思われている方も多いでしょう。フィリピン留学2ヶ月ってどうなの?と思われている方に、実際に2ヶ月間留学された方は「なぜ2ヶ月間フィリピン留学しよう」と決めたのか、理由を以下でご紹介します。

 一般的にはフィリピン留学は2ヶ月がモチベーションの限界

実は一般的には「フィリピンでの英語留学は2ヶ月がモチベーションの限界」だと言われているのです。

フィリピンの語学留学先としてメジャーなのは、リゾート地としても名高いセブ島です。セブ島は写真を見る限りとても美しいビーチがあり、自然がある島ですが、実際にリゾート感を感じられる語学学校はマクタン島にある語学学校です。

衛生面が気になる人は向いていない?

しかし実際に行ってみるとそのような美しい島々はマクタン島に限られています。基本的には発展途上国。そのため道路にはゴミが散乱し、ストリートチルドレンや物乞いのような人たちが溢れ、衛生面としてはあまり良いとは言えません。

そのため衛生面にこだわりがある人には、あまり長期滞在は向いていないのです。それがまず2ヶ月という期間が限界だと言えるでしょう。衛生面が気になる方は、施設がキレイな学校をオススメ致します。

セブ島にある立地が良い語学学校

フィリピン留学2ヶ月間の勉強事情

基本的にどこの学校でも大体1日7時間~9時間の授業があります。朝から晩まで英語漬けの生活です。場合によっては宿題を大量に出される場合もあります。そのためまず慣れないうちはついて行くのに必死で夜遅くまで勉強をすることになります。

そして少し英語が話せるようになり、フィリピンでの生活に慣れてくると、毎日7~9時間の英語漬け生活が退屈に感じてくるようになります。

フィリピン留学2〜3ヶ月間限界説?

もちろん毎日扱っているテーマは違いますし、先生方も毎日熱心にレッスンをしてくれるのですが、ちょうど後半6週目あたりに差し掛かったところで英語力の成長が止まるタイミングがあります。

「ある程度喋れるようになったし、最近はあまり成長している気がしない」という感覚は、モチベーションを削いでいくきっかけとなります。そしてなんとか気力で残りの2週間をこなし2ヶ月を達成。そのような学生が非常に多いのです。

フィリピン留学2〜3ヶ月以上はモチベーションを保つのが難しい!?

6ヶ月間と長期滞在をする学生はもちろんいるのですが、3ヶ月以上と長期的にモチベーションを持って取り組むには難しいのかもしれません。そのため結局、同じ国の人たちとお酒を飲みに行ったり、遊びに行ったりと、目的が逸れて行ってしまっている留学生もおられるようです。

個人のモチベーションによっても異なりますが、フィリピン留学を最も効果的に、そして費用面でも抑えていくのであれば2ヶ月〜3ヶ月が限界かもしれません。

2カ国留学やワーホリの方は2〜3ヶ月がオススメ?

フィリピン留学の後に欧米の語学学校や、ワーキングホリデーが控えている方も多いでしょう。つまり2ヶ月間、フィリピンで英語をみっちりと勉強したのちに、欧米諸国の留学で腕試しと、環境を変えてさらに英語力を磨くというプランです。

2〜3ヶ月間のフィリピン留学で集中して勉強をする

そのようなプランがある方は、フィリピンで超集中をして2ヶ月間だけ勉強をしようと決めているか方が多い傾向にあります。

1ヶ月となれば若干短い感じがあると感じるかもしれません。せっかくフィリピンに来たからには、土日にはフィリピン各地を行ってみたいという気持ちもあるでしょう。また、長期の留学となれば上記のようにモチベーションを失ってしまうかもしれません。

フィリピン留学2ヶ月にすることでオーストラリアでの1年間以上の生活を目標にかなり集中してモチベーションを持って続けられます。

フィリピン留学2ヶ月間の後半は辛いかもしれませんが、自分ができるところまではフィリピン留学で英語力を向上させたと胸を張って言えるレベルに達して、英語圏の国々に行けることができます。

英語圏の英語レベルでさらにモチベーションアップ

欧米諸国など英語圏の英語はフィリピンと比べて早口でかなり流暢なため、まだまだ聞き取ることが難しいでしょう。それがまたフィリピンに来た時に聞き取れず悔しい思いをした記憶を想起させて、失っていたモチベーションがまた復活します。

2カ国留学される方は、フィリピン留学の後半の失いかけたモチベーションを払拭させて、また超集中で頑張ることができます。フィリピン留学での2ヶ月間によって、英語圏での生活も充実して送ることができます。

フィリピン留学をするならやはり2ヶ月間がオススメと言えるのかもしれません。

フィリピン留学2ヶ月間のトータル費用内訳について

さて、今回はフィリピン留学2ヶ月間のトータル費用についてです。通われた語学学校は「3D Academy」になります。

  • 期間:2ヶ月間(8週間)
  • 学校:「3D Academy
  • 部屋タイプ:4人部屋
  • 授業カリキュラム:世界一周・ワーホリ英語コース(7時間)

世界一周・ワーホリ英語コースの授業時間は、マンツーマン4時間+グループ3時間。※1コマは通常50分です。

では早速、2ヶ月の留学費用の結果をご紹介します。

①日本での支払い費用
  • 入学金
  • 授業料
  • 宿泊費
  • 食費(3食)
268,000円
②現地で費用
  • SSP(就学許可証)
  • デポジット
  • 帰国時空港使用税
  • 電気代
  • 管理費用
  • VISA延長費用(1ヶ月未満は不要)
  • ACR I-Card(1ヶ月未満は不要)
  • テキスト代
53,070円(17,690ペソ)
③2ヶ月の生活費 ※現地の生活に合わせた場合 50,000円程度
④航空券 ジェットスターを利用したLCC航空チケット代 42,351円
⑤海外保険  2ヶ月間(60日間)の海外保険  57,660円
総合計金額 428,730円

2ヶ月フィリピン留学された方のトータル費用は「428,730円」!それでは内訳を見ていきましょう。1ヶ月の費用も公開しておりますのでご参考下さい。

フィリピン留学の語学学校費用

まずメインとなるフィリピンでの語学学校費用が「292,000」円です。

この費用で受けられるサービスは、毎日4つのマンツーマンレッスンと3つのグループレッスンの計7時間の授業です。

寮は4人部屋で週2回の清掃付き

そして寮がついています。四人部屋のドミトリー形式で、とても綺麗な新築のアパートメントです。週2回程度の清掃が入り、部屋はとても清潔でまったく文句なし。24時間解放の自習室もあります。

治安が良くないとされているフィリピンですが、常にエントランスにガードさんが立っておられましたし、飲み水についてはサーバーがいたるところに設置されているのでまったく不便なことはありませんでした。

毎日3食付き!アクティビティも充実

そして毎日3回の食事がついています。この食事が本当に美味しくて毎回を楽しみにしていました。他にもアクティビティがあったり、バスケットコートがあったりと受けられるサービスが豊富にあるためお得な値段だと感じました。

海外旅行(留学)保険費用

海外旅行保険の費用は2ヶ月間(60日間)で「57,660」円です。

1ヶ月以上フィリピンに留学する方は、体調を崩すしてしまうとう方も少なくありません。クレジットカードの上限額は200万円くらいがほとんどですが、実際に怪我や事故にあった場合は、200万円以上かかるケースも少なくありません。

もし数週間のフィリピン留学だけを考えておられる場合は、クレジットカードの付帯保険でも構わないかもしれませんが、航空機が欠航した際にかかった食事代・ホテル代・交通費・通信費なども補償してくれますし、持病がある方は必ず海外旅行(留学)保険に入っておいた方が良いでしょう。

フィリピン現地での2ヶ月間の生活費

現地でかかった2ヶ月間の生活費は、「50,000」円程度です。

学校によってはデポジット金(入学日に預けて、電気代などを差し引いて最終日に返すもの)などもありますのでもう少し入りようになるかもしれません。

物価の安いフィリピンにおいては2ヶ月で5万円あれば十分かと思います。基本的に食事は寮でいただけますし、生活必需品としてのシャンプーやトイレットペーパー、歯磨き粉などの購入や遊興代などを考えて持っていけば良いでしょう。

参考までに値段を書いておきますと、

  • 歯磨き粉が50円
  • トイレットペーパーが20ロールほどで100円しないくらい
  • ジプニー(バス代わりのもの)が一回15円
  • マクドナルドのコーヒーが80円

物によっては日本と同じくらいのものもありますが、ほとんどが日本のものの半分から3分の1くらいの値段だと考えれば良いかと思います。

また、週末に旅行に出かける予定がある方は、プラス5万円くらい持って行けば十分楽しめるかと思います。できるだけ現地の方と同じような交通手段や食事をすれば、さらに費用を抑えることは可能だと思います。

フィリピン・セブへの航空券

航空券はジェットスターで「42,351」円でした。これは「往復券」となります。スカイスキャナーというサイトを利用すると、最安値の航空券チケットが検索できるので、ぜひ活用してみてください。

https://www.skyscanner.jp/

ちなみに、フィリピンでは入国の際に、往路だけではなく復路の航空券を持っておかなければなりません。長期滞在でも必ず往復の航空券を購入しましょう。

航空券は日によってはもっと安い場合もありますので、工夫次第ではもっと費用を抑えてフィリピン留学をすることも可能です!

フィリピン留学2ヶ月間のトータル金額

最後になりますが、フィリピン留学の2ヶ月間は私が払った「428,730」円以上の価値があったと自信を持ってお伝えできます!

英語が喋れるようになったことはもちろん、フィリピンというこれから発展して行くパワーのある国を見ることができたからです。ぜひ迷っている方は留学エージェントに相談をしてみましょう!

フィリピン留学に関して気になっている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

フィリピン留学2ヶ月間の効果や留学後の英語力について

英語留学の主流ともなりつつあるのがフィリピン留学。その安さやセブ島を代表するビーチの美しさ、生活のしやすさ、フィリピン人の温暖な性格などが相まって人気を博しています。

フィリピンでの語学留学が気になっている方の中には、「フィリピン人って英語ネイティブじゃないけど大丈夫なの?」「留学に行ったらどれくらいの成果があるの?」など不安や疑問を持たれることと思います。

今回は「フィリピン留学に行ったらどれくらいの効果があるのか」気になっている方に向けて、私の体験をもとに「フィリピン留学2ヶ月間の効果について」と、私の周囲の留学生たちをもとに「フィリピン留学2ヶ月間で得られる英語力について」を詳しくご紹介していきます!

フィリピン留学2ヶ月間の効果について

さて留学前後の私の英語レベルですが、残念ながら、TOEICやTOEFLなどの英語能力検定試験を受けていないので数値では述べられません・・・。ですが、実感としての体験談を語らせていただきます。

フィリピン留学前の英語のスピーキングレベル

フィリピン留学前にオンライン英会話を続けておりその時の私のレベルで言いますと、「事前に考えておいた英文を詰まり詰まりで言えるレベル」でした。

例えばオンライン英会話で講師の先生に対して最初に自己紹介を行いますが、

「こんにちは。私の名前はヒラタロウです。ヒラと呼んでください。私の趣味は読書とツーリング、ドライビング、そして食事です。4月から2ヶ月間、仕事を辞めてフィリピンのセブ島に英語の語学留学で行く予定です。フィリピンには美味しい食事がたくさんあると聞いているので楽しみです。」

と言ったことを事前に英文に直しておいて、なんとか頭の中で思い出しながら詰まり詰まり述べる。と言ったレベルでした。

つまり「準備しておいた英文についてはなんとか喋れるけれど、自分がその時思ったことはなかなか英語として喋れない」という段階ですね。

やはり英会話を自由にしたかったので、もどかしくてもどかしくて仕方がありませんでした。

フィリピン留学前の英語のリスニングレベル

リスニングの方ですが、フィリピン人講師の英語はゆっくりで明瞭な発音なため、聞き取ることはできていました。

DMM英会話 を利用していましたが、いつも使うテキストは「初級者~中級者」レベルのテキストです。たまに上級者用のテキストを使用しましたが、それは難しくてついていけず。

以上が私のフィリピン留学前の英語レベルです。

フィリピン留学2ヶ月後の英語力について

フィリピン留学を2ヶ月間経験した私の語学レベルは、

「ある程度、自分が感じたこと・考えたことについては喋れる。そして使いやすいフレーズをいくつも習得したので会話は困らない」

という段階にまで至りました。

留学前のレベルが「準備しておいた英文についてはなんとか喋れるけれど、自分がその時思ったことはなかなか英語として喋れない」という段階だったのでかなりのレベルアップだと言えるでしょう。

習得した使いやすいフレーズとは例えば、

  • 「Can I ~ ?」 「Mai I ~ ?」といったようなお願いをする表現や、
  • 「Because of ~」「It’s up to you」などの「〇〇が原因です」的表現。

後は意外と知っていると便利なボキャブラリーなどを留学生活の中で自然と手に入れていくことができました。留学前は、日本語から英語を組み立てるようなイメージでしたが、フィリピン留学後は、とにかく英語に慣れる練習を多くしたため、日本語から英語を組み立てるのではなく、そのまま英語で理解するといった感覚までに英語力がアップしたと感じました。

ですが、やはり2ヶ月間の留学では、まだまだだと実感することとなります・・・

フィリピン留学2ヶ月間を終えた効果の実感など

フィリピン留学を2ヶ月経て、フィリピン内では全く会話に困ることがなくなったので「僕は英語をマスターした」と思っていたのですがそれは勘違いでした。

フィリピン留学の後にオーストラリアのワーキングホリデーに訪れたときに感じたことです。

オーストラリア人のネイティブイングリッシュはかなり早くとても流暢です。そのためフィリピンのゆっくりとして明瞭な英語に慣れた私は初めのうちなかなか聞き取ることができませんでした。

私の場合、フィリピンで培ったリスニング能力はオーストラリアではなかなか通用しませんでした。

一方で、フィリピン留学で得たスピーキング能力はかなり役立っています。基本的に日常会話や空港、レストラン、警察、役所などどの場面でも通用することを実感しています。

それはもちろんフィリピンで向上したスピーキング能力のおかげです。

私のフィリピン留学2ヶ月間の成果をまとめると、

「リスニング能力はフィリピンで通用するレベルまで、スピーキング能力はネイティブスピーカーにも通用するレベルまで向上した。」

ということになります。

フィリピン留学2ヶ月間で得られる英語力について

フィリピン留学2ヶ月間でどれくらいの英語力が身につくのか気になっている方も多いかと思います。初心者の方、そして中上級者ならどれくらい英語力が身につくのか、

英語初心者レベルの方の英語力の変化

ここでは「単語もほとんど知らず、スピーキングもリスニングもほとんどできない」レベルの英会話初心者の方を対象に書きます。

私の通っていたフィリピン語学学校のグループレッスンにAさんという方がいました。この方の英語レベルは上記の通りです。

常に電子辞書頼りで、先生が言っていることも聞き取れず、いつもあたふたとしていました。

周囲の生徒(日本人)にフォローをされながら何とか指示を聞いてなんとか付いてくるといった感じのレベルでした。

Aさんと私は2週間同じグループで学習をしましたが、1週間経つと変化が見えてきました。

英語初心者レベルの方が1週間経つと!?

最初は周囲の日本人たちのフォロー頼りだったAさんの最初の変化は、指示を自分で聞き取れるようになったことです。耳が英語に慣れてきていたのだと思います。

私の通った語学学校では、マンツーマンレッスン4時間、グループレッスン3時間が毎日ありますのでフィリピンでの英語のリスニングに慣れることはそう難しいことではありません。

その段階では指示は英語で聞き取れるけれど、まだ英文を書いたり、考えたこと・思ったことを英語で喋るということはできませんでした。辞書で調べ、英文をなんとか組み上げ、それを読み上げるということをしていました。

英語初心者レベルの方の2度目の変化!

そしてAさんと私が一緒のクラスになって2週目になるとAさんに二度目の変化が起こりました。辞書の使用頻度が減っていったのです。

これは私から見ると大きな変化でした。明らかにAさんの持つボキャブラリーが増えているのです。

残念ながらその週で私は卒業したのでその後のAさんがどこまで伸びたのかはわかりませんが、きっとさらに英語力が向上していることでしょう。

英語中上級者のレベルの方の英語力の変化

ここでは「考えたことを英語にできて、スピーキング・リスニングともに基本的にOK」というレベルの英会話中上級者の方を対象に書きます。

多くの留学生が、留学を前にオンライン英会話などで英会話練習を積んでいたり、ある程度喋れるレベルで入学をしてきているように感じました。

知らない英単語は多々あるものの、自分の知っている英単語やグラマーを使って考えたことは喋れるぐらいはできるという人が多いです。

そのレベルの留学生の多くが、講師の言った英単語でわからないものは辞書でササっと調べメモに取り、後は会話をするという受け方をしていました。

初心者レベルの留学生だと、まさに「来るだけで上達する」というフィリピン留学なのですが、中上級者ともなると留学への姿勢で180度結果が変わるように思います。

母国語禁止の生活でさらに上達

頑張っている留学生達は、基本的に「母国語禁止(イングリッシュオンリーポリシー)」で生活をします。このような人たちは英語力がどんどん上がっているように感じました。喋る速度もどんどん早くなっていました。

一方で「語学留学+海外旅行」という気持ちで臨んでいる留学生はあまり英語力が向上していませんでした。

私自身は明らかにフィリピンに来た段階では初中級者でしたが、2ヶ月後には「語学留学+海外旅行」の留学生たちの英語力を抜かしていました。

どのような目的でフィリピンでの語学留学をするのかにもよりますが、「英語力を伸ばしたい」という目的なのであれば「母国語禁止」というルールを自分に課していた留学生の方が英語力は格段に向上していました。

最後に

2ヶ月のフィリピン留学の費用と効果についての体験談はいかがでしたでしょうか?フィリピン留学は費用が安いですが、間違いなく英語のスピーキング力の向上が見込めます。

気になっている方は思い切って飛び出してみてはいかがでしょうか?フィリピン留学に関して気になっている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Advertisement

フィリピンと日本の架け橋になりたい
フィリピンのことならお任せください

フィリピン英語留学・神戸での英会話レッスン・フィリピン進出サポートやフィリピン不動産などフィリピンに関するご相談などお気軽にお問い合わせください。